江崎グリコのgg(ジージー)の全て!口コミ効果は本当?シワ・くすみ・たるみケアによい?

年齢を経てくると、お肌にはシワやくすみ、たるみなどが現れてきます。

しかし老化だから仕方ないと、納得できる人は少ないのではないでしょうか。

エステに通ったり、エイジングケア向けの製品を試す人がほとんどでしょう。

そんな人たちにおすすめとされているのが、「gg(ジージー)」です。
詳しくは→gg(ジージー)公式サイト

お菓子の大手メーカー、江崎グリコ株式会社が開発、販売していることでも注目されています。

しかしお菓子といえば、ダイエットを始めとして美容には大敵のジャンルのはずです。

お菓子メーカーの提供するスキンケアの効果のほどはどのぐらいなのか、チェックしてみました。

gg(ジージー)を使った方の口コミ

・仕事終わりに肌がパサつかず、綺麗なメイクのままでいられます。(30代女性)

・以前味わえていた肌の感触が蘇ってきて、懐かしさを得られました。(40代女性)

・とろみのある化粧水なのにベタつかず、スーっと入り込んでいく肌なじみの良さは魅力的に感じました。(40代女性)

・肌が1日中潤っているので、ファンデーションもずっとノリが良いままです。(50代女性)

・ローションとクリームという2ステップが簡単で便利です。(50代女性)

エイジングケアに注目している40代、50代の利用者が多いようですね。

保湿可能な製品でありながら、表面がベタつかないのは使いやすいかもしれません。

肌が回復するまでは化粧でのカバーも必須ですから、ノリを良くしてくれるのも嬉しい効果です。

社名の由来でもあるグリコーゲンに着目したシリーズ

gg(ジージー)はローション(化粧水)やクリームをはじめとしたエイジングケアを目的とするスキンケアブランドです。

共通の成分として、グリコーゲンが含まれています。

グリコーゲンは、江崎グリコ株式会社の社名の由来にもなっている成分だとご存知でしたか?

創業者である江崎利一が、牡蠣の煮汁から採取したことで子供の体力作りや健康促進に活かそうと考えたのが始まりです。

その結果、1粒300mでお馴染み、同社を代表するお菓子であるグリコが誕生しました。

グリコーゲンはもともと私たち人間の体内で生成できるエネルギーでもあり、ブドウ糖で構成されており多糖類に含まれます。

食品でも、先に挙げたように牡蠣などから摂取することができます。

普段は肝臓などに蓄えられ、必要な時にエネルギーとして変換される仕組みです。

ところで江崎グリコ株式会社では、1986年から健康科学研究所を設立、ヘルスケア分野にも着手して研究を続けていました。

もともとが子供の健康を目的としていますから、当然のことかもしれないですね。

研究の中で、実は皮膚にもたくさんのグリコーゲンがあることを突き止めます。

グリコーゲンも、美容成分として知られるヒアルロン酸と同じだけの量が存在するそうです。

しかしヒアルロン酸などが失われていくように、グリコーゲンも常に皮膚に留まっているわけではありません。

年齢とともに失われますが、年を経るごとに減少する量も大きくなるとされ、エイジングケアのためには補給が必要な物質であることも判明しました。

スキンケアに適したEAPグリコーゲンの開発

gg(ジージー)に使われているのはEAPグリコーゲンと呼ばれ、江崎グリコ株式会社の開発したオリジナルの成分です。

グリコーゲンをスキンケアの形で吸収しやすくできるように研究された物質で、ナノサイズ、高純度を徹底しています。

自然に存在するグリコーゲンは、大きさがバラバラ、食べるだけでは肌に影響を与えることは難しいなどのデメリットがあったんですね。

お菓子のグリコに含まれているものも普通のグリコーゲンなので、たくさん食べたから肌も安心とは言えないんだそう。

EAPグリコーゲンとして均一、かつ極小レベルまで形状を整えることで、肌の奥まで浸透してくれます。

ちなみに同社では、今回のグリコーゲン以外にも、肌を整えるα-アルブチンなど様々な成分を研究、開発しています。

お菓子メーカーのイメージが強いですが、美容面でもかなりの大手と言えるかもしれませんね。

紫外線に晒された肌を治すα-アルブチン

gg(ジージー)シリーズにもα-アルブチンは含まれているので、改めてその効果を確認しておきましょう。

紫外線に当たった肌はメラニンを過剰に分泌して、シミを作り出してしまいます。

そんなメラニンの分泌を抑える役割を果たすのがα-アルブチンです。

ハイドロキノンと呼ばれる美白効果の高い成分が元になっているのですが、ハイドロキノンは肌への刺激も大きいため、それを和らげることを目的にα-アルブチンは誕生しました。

植物成分やブドウ糖を合わせることで緩和に成功、使いやすさもあって医薬部外品に指定されています。

またアルブチンにはβも存在し、肌のツヤを整える効果を持っています。

肌の潤いを高める自発保水

またEAPグリコーゲンを肌に与える事によって、自発保水と呼ばれる新しいスキンケアの形を提案してもいます。

読んで字のごとく、自分から肌の保湿をするという意味で、EAPグリコーゲンはヒアルロン酸の生成を促進する効果も持っています。

ヒアルロン酸が増えれば、その分肌に蓄えて置ける水分量も増えて、保湿になるという仕組みです。

EAPグリコーゲンが肌の奥まで浸透した上でヒアルロン酸の増加を働きかけるため、ヒアルロン酸だけを塗布するスキンケアよりも効果が高く、肌本来の力を取り戻すことも期待できます。

潤いがなくなって肌が痩せ、たるんだりシワになるケースが多いのも事実です。

乾燥など、ほかの肌荒れも保湿が足りていないことで発生するものが多いですから、肌の根本的な見直しにも適しています。

全部で12種類の植物エキスを配合

gg(ジージー)シリーズは全部で12種類もの植物エキスが共通して使われているのも特徴です。

内容はオリーブ葉、ローマカミツレ花、ヒメフウロ、センチフォリアバラ花、マタタビ果実、オニイチゴ根、カンゾウ葉、ゴレンシ葉、シトルスジャバラ果皮、テンニンカ果実、加水分解イナゴマメ種子、コウヤマキ枝葉となっています。

オリーブなどは美容に良いとして有名ですが、聞いたこともない植物も多いのではないでしょうか?

また猫に効果のあるマタタビは果実部分を使うなど、抱いているイメージと異なるものもありますね。

さらにマリンコラーゲンも製品共通で入っています。

製品ごとに異なる美容成分が入っているのもポイント

例えばggエレジナローションならば、天然保湿因子と2種類のヒアルロン酸が保湿成分として入っています。

そしてggエレジナクリームには保湿成分として米由来セラミドとエラスチンが、整肌成分でキハダ樹脂エキスが入っています。

クリームVならば、より保湿を高めるシアバターも含まれていますよ。

植物由来はほかの製品でもこだわっており、夜用のggエレジナ ナイトジェルにはアロエベラやユキノシタ、洗顔製品であるggエレジナクレンジングミルクにはマンゴーオイルや米ぬか由来成分が含まれています。

ggエレジナフェイシャルソープも含め、洗顔アイテムからケアができるのも特徴ですね。

使ってみて気に入ったらライン使いをしてみるのも良いかもしれません。

ちなみにスキンケア製品は、鮮度を保つために冷蔵庫での保管が推奨されることもありますが、ggシリーズは反対に禁止です。

常温での保管がベストで、直射日光は回避できる場所に置きましょう。

ただしお風呂など湿気が多い場所、日光でなくても温度が高くなる場所は控えます。

お風呂の直後に塗布したい場合は、入浴の度に脱衣所へ持参し、保管場所へ持ち帰るようにしてください。

ほかの製品も同じですが、開封後は6ヶ月以内の使いきりが望ましいです。

またα-アルブチンが入っているとは言え、UVカット効果はないので、夏場など紫外線が気になる時は、別に日焼け止めなどを用意しましょう。

たまには顔以外の部分やスペシャルケアを

基本的な使い方としては、手に取って塗布するだけで良いのですが、デコルテや首などに塗布する使い方もおすすめです。

首やデコルテも周囲の汚れや刺激などに晒されているにも関わらず、顔と同じようにケアしている人は少ないです。

またEAPグリコーゲンは皮膚に必要なのですから、顔だけにしか使わないのはもったいないと言えます。

肌年齢は首やデコルテにも現れるといいますしね。

そして毎日はしなくても良いですが、たまにはコットンにローションをたっぷりとってパックをするのも効果的です。

もちろん、パックを取ったあとはクリームでカバーすることを忘れずに行いましょう。

無香料だけど成分に由来する香りはあり

ggシリーズは無香料となっていますが、植物由来の成分が含まれることもあって、その香りが感じられることはあるようです。

イメージとしては植物、つまりフローラル系なので気にしないという意見が多いですが、臭いに敏感な方は理解しておいたほうが良いでしょう。

加えて添加物も多少含まれます。

ジメチコン、BG、ポリマーなどですね。

肌に塗って危険というものはもちろん入っていませんが、あくまで完全無添加製品にこだわる人は注意してください。

グリコから定期お得便

購入するならggの公式サイトで求めるのがおすすめです。

さらに公式サイトからモニターへ参加することで現品サイズを安価で得ることができます。

モニターのセットはローションとクリームVの2つです。

またサプリもセットになった定期お得便です。

送料も無料で申し込めます。

もし返品する場合は、内容が違っていたり、商品が破損していた場合なら江崎グリコ株式会社が送料負担で取り替えてくれます。

しかしほかの理由の場合は、未開封のみ受け付けで、送料負担は購入者になってしまうので注意が必要です。

解約も休止もいつでもできるので試してみたい時も便利でコスパも良いのがgg(ジージー)定期お得便です。
詳しくは→gg(ジージー)公式サイト

肌の状態はどんな人でも受付

エイジングケアと聞くと、ある程度年齢を経た方が対象と思われがちですが、そもそも年齢に適した対処を行うのがエイジングケアです。

30代、20代の方でも肌悩みがあれば、あるいは今はなくても今後を気にするならば、申し込んでも問題ありません。

また保湿効果の高いggのEAPグリコーゲンですが、脂性肌の人も対象です。

油っぽさと水分が多いことは同義ではありませんし、場合によっては、水分不足ゆえに油脂が過剰に分泌されているケースもあります。

インナードライ肌で、乾いているのに皮脂がたくさん出てしまうという人にもおすすめです。

口コミでも触れられているようにべたつきがありませんから、塗ったあとに不快になる可能性も少ないでしょう。

また男性の使用もOKです。

男性でも肌荒れが気になっている方は使ってみるのも良いかもしれません。

使用方法などは女性がメインになっていますから、その都度量を変更して試すと良いですよ。

ただしモニターの場合は1家族1セットという制限がついているので注意です。

肌のキメ重視?ほうれい線に悩んでいる人は注意かも

ggシリーズは、全てのエイジングケアに万能というわけでもないようです。

ほうれい線が目立ってくるという話を聞いたことがある方もいるでしょう。

しかしggの場合は、ほうれい線には効きにくいという意見も見られます。

個々の肌の違いもありますが、ほうれい線は専用の抗シワスキンケア製品も出ているので、ほかの問題より何より解決したいと考えるのであれば、別の製品から試すのもありでしょう。

また肌に浸透してしまうのが早いためか、すぐ乾くという意見もあるようす。

乾くというのが肌に染み込んだ結果なのか、蒸発してしまったのかが確かめられないのは悩ましいですね。

ベタつかないのは良いですが、肌がさっぱりしすぎだと感じた場合は、重ね塗りしてみましょう。

モニターでも、最初からたっぷり使うことが推奨されています。

一方で重ねすぎたり、1回の量が多いとベタベタしてしまいますから、量の配分が善し悪しの評価を決めているポイントなのかもしれません。

自分にとっての適量をつけるのがコツですね。

まとめ

将来的にはわかりませんが、EAPグリコーゲンはおそらくggシリーズ、少なくとも江崎グリコ株式会社の製品にしかない成分のはずです。

皮膚に必要な成分を得られる貴重な機会という意味でも、まずはgg(ジージー)を1度試してみてはいかがでしょう?

小じわ・くすみ・たるみなどが薄くなるのが期待できますよ。

詳しくは→gg(ジージー)公式サイト

us