自力で解消できないくすみには二十年ほいっぷ

しっかりメイクをして元気なはずなのに、なぜか人から「疲れてる?」と言われてしまうことはありませんか?

これは、肌のくすみが原因で疲れて見られてしまったのかもしれません。

肌がくすんでいると顔色が悪く見えて疲れているように見えますし、寝不足のように見えたり、老けて見えたりもしてしまいます。

女性なら、疲れていても美しくいたいと思うものなのに、疲れてもいないのに疲れているように見られてしまうのは、ちょっとショックですよね。

こんな見た目の印象を左右してしまうくすみについて、今回は改善方法をまとめていきたいと思います。

まず、くすみには種類があります。

1:紫外線によるくすみ

2:血行不良によるくすみ

3:皮脂膜の汚れによるくすみ

4:乾燥肌が原因で角質層が厚くなり発生するくすみ

くすみの種類を大きく分けると、この4つとなります。

1の紫外線によるくすみは紫外線B波によるものなので、UV対策の見直しと、肌のターンオーバーを促進して皮膚の再生力を高めるのが一番効果的です。

紫外線B波はメラニンを生成してシミやくすみの原因を作りますから、日頃からUV対策はしっかりとしておきましょう。

そして肌のターンオーバーを促進するためには、規則正しい生活や食生活、十分な睡眠を基本として、保湿ケアを十分にしてあげてくださいね。

次に、2の血行不良によるくすみですが、これは代謝が衰えることで血行が悪くなり、血色の悪い肌色となってしまうケースです。

代謝をアップして血行を良くするには、適度な運動を心がけたり、半身浴をするなどの努力である程度は解消されますよ。

とくに午前中に軽い運動をしておくと、代謝アップの状態が1日続きますので、通勤や通学の際にちょっと早歩きをしてみるなどの工夫をすると無理なく続けられます。

このように、1と2のくすみについては、自力でなんとか改善していくことができます。

しかし、3、4のくすみは、自分で解消するのが難しい部類のくすみです。

3の皮脂膜の汚れからくるくすみ改善のために汚れをしっかり落とそうとすると肌乾燥を招き、4の角質層が厚くなるくすみとなります。

そして、4の乾燥肌をケアすることに重点を置くと、3の皮脂膜汚れのくすみが解消しません。

このように、3と4のくすみは互いに深く関わっていて、どちらかを解消してももう一方は解消しないというジレンマがあるのです。

そのジレンマを解消して3と4のくすみに大きな効果を発揮するのが「二十年ほいっぷ」です。

二十年ほいっぷは、二十年かけて編み出された「自家釜練り製法」を採用することで、潤いを守りながら肌表面の汚れをきちんと取り除くことに成功した唯一の洗顔料です。

皮脂膜の汚れをしっかり落とす洗浄力に、角質層を厚くさせない保湿力が備わっています。

顔だけでなく全身の美白にも使えますし、くすみも消えて明るい透明感のある色白肌になれます。
くすみ専用洗顔石けんの二十年ほいっぷで美白

もしくすみが気になっているなら、この機会にぜひ二十年ほいっぷのくすみ解消パワーを実感してみてください。
公式サイト↓
くすみをなくす『二十年ほいっぷ』
20nenhoipuaxis

us