三森はるひ三森はるひ

シグナリフトとJ-cell(ジェイセル)の違いを比較してみました。

幹細胞コスメでエイジングケア視点でのシグナリフトとJ-cell(ジェイセル)の選び方のコツを調べてみました。

いくつになっても肌悩みはあるものですが、40代になると加齢も一因になりやすく、よりトラブルが増えます。

また、これも加齢と言えるかもしれませんが、紫外線によるシミなどは今まで受けてきたものが積み重なってようやく現れるなんてことも。

20代30代の頃は、紫外線によってできたメラニンが肌の奥に隠れていて、40代を過ぎてようやく表面に出てくる形です。

また若い頃は多少の肌荒れでも、ターンオーバーの日数が短くて自己修復がしやすかったり、そもそもコラーゲンやセラミドなどが肌に十分あり、カバーできていたのも理由でしょう。

40歳くらいから人気のシグナリフトかJ-cell(ジェイセル)

40歳を境に、激減する成分は少なくありません。

コラーゲンやセラミドなど減ってしまいますね。

しかし年齢を理由に、ケアを諦めてしまうのは間違いです。

どこまで戻せるかはその人のケア次第。

むしろ怠ってしまえば、まだ40代なのに50代や60代に見られてしまう可能性も十分あります。

もし40代になって肌悩みが増えたとしても、諦めずに対処し続けましょう。

方法によっては、現状維持どころか若く見られるのも夢ではありません。

まずは、その助けになってくれるスキンケアアイテムを探しましょう。

もし何が良いのか分からないならば、シグナリフトかJ-cell(ジェイセル)を試してみるのがおすすめ。

今回は双方の特徴を比較して、より良いアイテムはどちらなのかを検証してみました。

シグナリフトのメリットとデメリットは?

まずはシグナリフトから。

シグナリフトはエイジングケア美容液で、再生医療センターが開発に携わっています。

失った機能の補填を行うという意味ではプロと言えるでしょう。

厚生労働省が認可している施設でもありますから、信頼性も高いですね。

肌荒れの原因として40代からコラーゲンが減少するというのは上でも少し触れていますが、シグナリフトの場合はさらに、コラーゲンを作り出す脂肪幹細胞に注目。

脂肪幹細胞がコラーゲンを作り出す力の低下について挙げています。

詳細は下記でも触れていますが、値段にこだわったり、アレルギーとなる成分が含まれているなどでなければ、特別デメリットは見当たらないように思えます。

シグナリフトは、口コミでも人気ですね。
シグナリフトの口コミ効果やコスパを評価!次世代エイジングケアの噂は何故?

J-cell(ジェイセル)のメリットとデメリットは何?

一方J-cell(ジェイセル)はというと、大学の研究室ではありますが、こちらも再生医療に関わる機関で開発された製品。

ジャンルとしては、ヒト幹細胞培養液配合ジェルとなっていて、こちらもシグナリフト同様、細胞レベルでのケアを伺わせます。

違いとしては、肌悩みの原因としてコラーゲンの減少以外に、水分や脂分の減少も挙げていることでしょうか。

20代や30代では、むしろ脂の多すぎに悩む人もいるイメージですが、40代を過ぎると足りていないことも。

個々に減少の原因は異なるでしょうが、40代といえばメタボが気になる時期でもありますから、対策として肉類など油物を避け、肌に不足という事態もありえますね。

J-cellの主な効果は保湿と整肌で、その中にハリアップとなめらかさも含まれています。

具体的な結果も出ているようで、水分に関しては以前の141%アップ、ハリにおいても121%の上昇が期待できるそうです。

こちらも特別デメリットは感じられません。

J-cell(ジェイセル)も口コミで人気です。
J-cell(ジェイセル)の口コミ効果やコスパを評価!他の幹細胞コスメとの違いや噂は本当?

全成分を徹底比較チェック!特徴と副作用の可能性は?

シグナリフトはメインとなる成分として、独自に開発したシグナペプチドを配合。

コラーゲンのほか、セラミドやKGF(角質細胞増殖因子)のサポートを行い、ハリや保湿、肌の綺麗さを助けてくれます。

いずれもそれ自体がシグナリフトの中に含まれているので、増やす前の一時的なケアにも便利。

ほかにもEGF(上皮細胞成長因子)やHGF(肝細胞増殖因子)、IGF(インスリン様成長因子)、そしてTGF(トランスフォーミング増殖因子)も配合。

細胞レベルでのケアを考えているのがわかります。

さらに美容成分として、ビタミンC誘導体やヒアルロン酸、フラーレン、プテオグリカン、ヒメコウジの葉エキスなども追加。

シグナリフトは、肌の表面から、トラブル解消をサポートします。

製造に関しては、GMP遵守の工場で行われており、原材料の入荷から完成品に至るまで徹底して品質チェックを実施。

しかもシグナリフトは、発送を許可された製品であっても、1つ1つにシリアルナンバーをつけて管理しています。

ゆえにシグナリフトに副作用などの心配はほとんどないと思って良いです。

ではJ-cellはどうかと言うと、製品ジャンルでもあるヒト幹細胞培養液配合ジェルのほか、天然ハーブ、さらに水として海洋深層水が選ばれています。

培養液と言うと細胞を増やすために使われるものですが、ヒト幹細胞培養液の場合、液中にも整肌因子が含まれていることがわかったそう。

もちろん因子そのものも含まれていて、シグナリフトで挙げたもののうちEGF、HGF、IGFの3つはJ-cellにも入っています。

しかもJ-cellの場合それだけでなく、FGFやTGF-βも追加。

いずれの成分もナノテクノロジーによって分子が小さくなっており、浸透しやすいのがJ-cell(ジェイセル)の魅力です。

またJ-cell(ジェイセル)の天然ハーブは、アロエベラやプエラリアといった美容成分としてだけでなくアロマとして含まれているものもあり、塗布中にリラックスすることもできます。

主な香りは檜や野薔薇、ラベンダーやローズゼラニウムなどで、様々なアロマのブレンドです。

海洋深層水は羊水に近いとされる久米島沖、深さ612mに存在するものを採用。

ミネラルも豊富です。

ハーブも浅間山の契約ファームから採取しており、国産にこだわっているとも言えますね。

そしてJ-cell(ジェイセル)のジェルのピンクはビタミンB12によるもの。

B12は整肌効果が期待できるため、J-cellに含まれています。

J-cell(ジェイセル)は、保湿だけでなく、紫外線のダメージケアも可能なので、日焼けに伴うシミやそばかすにもおすすめ。

これらの素材を組み合わせることでコラーゲンのサポートを行い、肌を整えてくれるんですね。

よってJ-cell(ジェイセル)に関しても、使ったことによる副作用はほぼないと言えます。

ただ1つ気になるのが、プエラリアが含まれていること。

バストアップや更年期ケアに役立つ成分なのですが、効果が強力なために合わない人も少なくありません。

特にプエラリアで代用可能な女性ホルモン、エストロゲンが少なくなる黄体期の利用は注意と言われます。

実際それで無理だったという声は聞きませんし、飲用するタイプではなく塗るタイプなので大丈夫だとは思いますが、気になる方は避けることも考えましょう。

公式サイトより引用:日本人のヒト幹細胞を利用した新しい美容ジェルJcell
【著作権上の問題により、意味を変えず書き直しさせて頂いています】

シワケア、ハリアップに良い幹細胞コスメは、どちら?

細胞から肌ケアに働きかけるという点では、どちらも似ています。

まずシワは、どちらも具体的にシワケアとは銘打っていないものの、保湿や整肌、また次のハリを助けてくれることから、結果としてシワケアに繋がると判断できます。

ハリに関しては、コラーゲンサポートがどちらにもありますから、向上が期待できると考えて良いでしょう。

ただシグナリフトの場合、コラーゲンそのものも入っているので、表面でのハリケアも期待できそうですね。

その分だけ、シグナリフトの方が向いているかもしれません。
詳しくは公式サイト→シグナリフトでぷるぷるエイジングケア!

シミ・くすみなど美白ケアにも良い幹細胞コスメは、どちら?

一方色素沈着系のトラブルに関してですが、シグナリフトはビタミンC誘導体などのケア成分が含まれています。

ではJ-cell(ジェイセル)はどうなのかというと、こちらも全成分を確認してみると、甘草エキスやグリチルリチン酸2Kが確認できました。

これらも美白ケア製品に含まれることが多い成分なので、使うことでシミやくすみへの対策ができそうです。

つまりJ-cell(ジェイセル)もシグナリフトも美白ケアに良いといえます。

敏感肌や乾燥肌、アレルギー体質でも使える幹細胞コスメは、どちら?

シグナリフトは無添加にこだわっているため、肌が敏感な方でも使えます。

除外されているのは香料と着色料、鉱物油、合成防腐剤、界面活性剤、シリコン、エタノール、そしてパラペンの8種類です。

ほかの添加物が気になるのでなければシグナリフトは、おすすめ。

保湿成分も多いですから、乾燥肌の方にはむしろぴったりと言えるでしょう。

ただ注意して欲しいのは、アレルギー体質の方

シグナリフトは、ヒメコウジ葉エキスなど、自然由来の成分もあるため、何らかのアレルギーを抱えている方は全成分を確認し、該当するものが入っていないか、よく確かめてください。

J-cellもアレルギーには注意。

こちらも国産で質が良いものを使っているので、その分アレルギー反応も出やすいと考えられます。

どちらも、成分表示などをきちんと確めた上で使ってくださいね。

妊娠中・授乳中・生理中も使えるのは、どちら?

敏感肌などでも使えるシグナリフトは、妊娠中や授乳中、生理中の方が使っても問題ありません。

お子さんにも使えるほどなので、家族で利用するのも良いですね。

女性だけでなく、男性の利用もできますよ。

そしてそれはJ-cell(ジェイセル)にも言えること。

J-cell(ジェイセル)も妊娠中や授乳中、生理中に関わらず続けることができます。

ただ過敏な時期でもありますので、少しでも不安があるなら無理をせず、一旦休むか、かかりつけ医などに相談してください。

使い方の違いと使いやすいのは、どちら?

シグナリフトを使う際は、1回に2度、重ねるのがおすすめ。

ダブル保湿として、メーカーでも推奨しています。

シグナリフトは美容液ですが、ステップとしてはブースターと化粧水の機能も備えているため、洗顔直後に使います。

1回あたり3プッシュから5プッシュを出し、顔になじませてください。

その後、浸透したと思ったら再び同じ量だけ取り出して重ねます。

終わった後でクリームなどを用いて蓋をし、終了です。

ちなみにほかの美容液、保湿効果のあるスキンケアとの併用も可能ですが、その場合はシグナリフトを先に使ってください。

また美顔器用の美容液としても使えるので、美顔器でより効果を高めてもらうのもありですね。

J-cell(ジェイセル)も洗顔直後に使用します。

最初のステップで使うことが大事なので、あとはいつものスキンケアを併用してOK。

時短ケアという意味では、1回の塗布で良いJ-cell(ジェイセル)の方が便利かもしれませんね。
詳しくは→日本人のヒト幹細胞を利用した新しい美容ジェルJcell

価格や返金保証から見た違いは?

シグナリフトはお試しコースが便利です。

1人毎月1本の定期購入で、最初の月に限っては定価の70%オフでの利用が可能。

2回目以降も20%オフの価格で続けられるので、毎回手動で申し込むのに比べてコストも手間もかかりません。

また送料も無料であり、購入から30日以内であれば返金保証にも応じてもらえます。

さらにシグナリフトは、解約はいつでも可能。

次回発送予定日の7日前にメーカーに連絡を入れることが条件ですが、肌に合わないと思ったら1回でもストップできます。

仮に返金保証の期日を逃したとしても、辞めること自体はできるのが良いですね。

もちろん一時的な休止も可能ですから、製品が余っているなどの際は利用しましょう。

ではJ-cell(ジェイセル)の価格はどうかというと、まず定価を比べるとシグナリフトより安いです。

そこに、人数限定での特別モニターという定期コースを選択することで割り引きが発生。

J-cell(ジェイセル)の定期コースでは初回が77.5%オフと割引率も高く、よりお得になっています。

2回目以降も割引率だけ見ると20%オフと同じなので、定価の低さの分だけJ-cell(ジェイセル)が安いですね。

ただしJ-cellには継続条件が設けられていて、最低でも3回は必要。

解約は4回目分から行えるようになります。

ずっと続けることを考えるとJ-cell(ジェイセル)ですが、肌に合うか不安が残る場合はシグナリフトを先に試すか、J-cellでも定価で単品として購入する方が良さそうです。

そのためか、J-cell(ジェイセル)は4回目以降も続ける場合、アロマオイル(天然ローズ)がプレゼント。

J-cellのジェルの直後に使うことで、ダマスクローズなどのエキスにより潤いを肌にキープしてくれますよ。

選び方のコツとエイジングケアでオススメはコチラ!

双方のメリットや注意点を比較した結果、私はJ-cell(ジェイセル)をまずおすすめします。

コスパの良さもそうですが、肌細胞のケアに力を入れている点が魅力です。

シグナリフトと比べると、成長因子以外の素材についてあまり語っていない(ハーブの個々の特徴など)ところが、むしろヒト脂肪細胞順化培養液エキスに重点を置いているのかなと思えます。

もちろん様々なケア成分が入っていることは助かるのですが、どちらも普段のスキンケアは使える以上、そちらでのカバーも可能なんですよね。

となれば、幹細胞コスメとして期待ができるのははJ-cell(ジェイセル)の方かなと。

J-cell(ジェイセル)は、含まれている成長因子の数も多いですし。
細胞からサポートして、年齢に負けない整ったお肌、取り戻してあげてください。
詳しくは公式サイト→日本人のヒト幹細胞を利用した新しい美容ジェルJcell

もちろんシグナリフトに含まれている成分で、普段手に入りにくいものがあれば、そちらから始めるのもありだと思います。
詳しくは公式サイト→シグナリフトでぷるぷるエイジングケア!