スキンフェアリーの全成分と特徴についてです。

 

話題のエイジングスキンケア「スキンフェアリー」ですが、この商品には他のアンチエイジング商品とは異なる話題の成分が配合されています。

 

それがリンゴ幹細胞です。

私たち一般人は、幹細胞なんて難しい言葉を出されてもなんだかピンと来ない方も多いと思いますが、

 

リンゴ幹細胞とは、私たちの肌の再生を促すとても画期的なものだというように覚えて頂ければわかりやすいと思います。

 

このリンゴ幹細胞は、奇跡のリンゴ「ウトビラー・スパトラウバー」から作られており、非常に希少価値が高く保護認定されています。

 

しかし、最近では植物幹細胞を人口培養する技術が発展しているので、このようにスキンケアとして私たちの手の届く成分として取り入れられるようになったのです。

 

スキンフェアリーでシワ改善になるのは、肌を衰えさせる肌のターンオーバーの遅延を解消してくれるからです。

夢の若返りも夢ではなくなるかもしれないスキンケアとして注目されています。

 

エイジングケアクリームのスキンフェアリーの口コミ情報はこちらへ→スキンフェアリーの口コミ

 

りんご幹細胞以外にも美容成分をたっぷりと配合しているので、是非この機会にお試しくださいね。
なお、詳しい全成分は下記に記載しておきますのでご覧下さい。

 

「スキンフェアリー全成分」

水、グリセリン、ジメチコン、BG、ペンチレングリコール、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、クラドシホンノバエカレドニアエ多糖体、ヒアルロン酸Na、ウンカリアトメントサエキス、スクワラン、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス、加水分解エラスチン、リンゴ果実培養細胞エキス、キサンタンガム、レシチン、パルミトイルペンタペプチドアルニカ花エキス、キュウリ果実エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ゼニアオイ花エキス、パリエタリアエキス、セイヨウニワトコ花エキス、グリチルリチン酸2K、アラントイン、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、アセチルヘキサペプチド

 

公式サイト↓
スキンフェアリー