40代シミ・くすみ・黒ずみが一気に悪化!緊急で美白のコツを教えて!

40代は、肌の変化に気づきやすい時期です。

メイクのノリが悪くなった、ちょっと怠けるとすぐ肌荒れになるなど、目に見える変化が多いんです。

肌や、肌を構成している物質の多くは、20代から刻々と減り続けています

ですが20代の時点と比べた時に、40代は激減といってよい程少なくなることで、見た目からも違いを確認できるようになるんです。

とはいえ、それを黙って見ていては、どんどん状態は悪くなってしまいます。

どうすればケアできるのか、一緒に見ていきましょう。

40代は女性ホルモンがたくさん減る

物質の中でも特に注意したいのが、女性ホルモンです。

女性は恋をして綺麗になるなんて言いますが、それも女性ホルモンが作用しているからだとご存じですか?

反対に、生理中は普段荒れていない人でもトラブルを起こしやすくなります。

女性ホルモンは気持ちだけでなく、肌にも影響を与えているんです。

そんな女性ホルモンは卵巣で作られるのですが、分泌のピークは20代から30代と言われています。

以降は減少していくので、それだけでも40代は少ないのだなと解るでしょう。

加えて女性はいずれ閉経を迎えます。

生理も完全に終わり、妊娠しなくなる時期ですね。

人によって違いはありますが、早ければ50歳ぐらいで至る方も。

つまり40代は閉経に向けて、卵巣の活動が低下しがちになる時期とも言えるんです。

分泌のピークでないだけでなく、女性ホルモンが作られる機会そのものが減ってしまいます。

女性ホルモンが減るとシミが出来やすくなる?

女性ホルモンは一種類ではなく、エストロゲンとプロゲステロンの2つが存在します。

このうちエストロゲンが減ると、肌が乾燥した状態になりやすいんです。

水分がなくなることとシミはあまり結びつかないかもしれません。

ですが水分を蓄えておけないことは、皮脂などによるバリア機能が低下していることを意味します。

通常、肌の表面には膜のようなものが作られており、水分が蒸発しにくくなる役割を果たしているのですが、同時に外からの刺激にも強いです。

それがなくなってしまうことは保湿ができないだけでなく、刺激への対応ができない、できたとしても遅れてることになります。

シミと言えば、ぱっと思いつくのは紫外線でメラニンが生成されて…という流れですね。

日焼け止めを塗っていれば幾分かは抑えられるでしょうが、バリアがない分、シミも生まれやすいです。

また1度できたシミも簡単には消えません。

紫外線の中には肌の奥まで到達するものもあり、そこでダメージを与えられてしまうと、治りにくい肌トラブルが生まれてしまいます。

くすみは取れにくくなったシミかも

肌がくすんでくるのも、40代から感じたという方は多いようです。

肌に色素が定着してしまうという現象だからか、乾燥や紫外線など、原因のいくつかはシミと共通しています。

乾燥の場合は肌に潤いを戻そうとして皮脂が分泌されるのは良いのですが、たくさん分泌され、しかも酸化することでくすみになってしまいます。

皮脂が残っているのを放置したり、中途半端な洗い方をしていることも原因です。

特に毛穴に残りやすく、黒ずみの一因でもあります。

またファンデーションの色素と皮脂が、混じってしまうこともあるんです。

肌の色を均一にするはずのファンデーション、暗く濃くする方向に協力しているとしたら、かなりショックですよね。

さらに血の巡りが悪いから発生するくすみもあります。

冷え性や運動不足、睡眠不足など、生活が不規則な方に該当する可能性が高いです。

睡眠不足と言えば、目の下にクマができるのが分かりやすいですが、クマの発生原因も共通するところがあります。

ターンオーバーの期間が長くなるのでケアは入念に

肌が自己修復するのに必要なターンオーバーですが、一般的に言われる28日というのは20代における期間です。

40代の場合はそれより長くなっており、およそ50日前後までかかる方もいるとか。

肌の回復には時間がかかるのに、ダメージはより受けやすい状態にあるわけです。

だからこそ、スキンケアなどで外部から補うことも大事なんですね。

洗顔はしっかり!でも優しく

ではどのようにケアをしたほうが良いのか、洗顔から始まる各ステップや、生活の仕方などから確認してみましょう。

まず洗顔ですが、どんなに軽いメイクでもクレンジングは必ず行いましょう。

上でも触れましたが、くすみや黒ずみの場合は、洗い残しが原因であることも少なくありません。

クレンジングあるいは洗顔料に角質ケアができると明記されているものなら、古い角質を取り除く効果も期待できるのでおすすめですよ。

また汚れを落とすだけでなく、化粧水など次のステップの成分が浸透率しやすくなるというメリットも持っています。

ただし実際に洗う時は、たっぷりの泡で優しく行ってあげましょう。

強くこすると肌には良くない刺激となって、バリア機能を失わせてしまう恐れもあるからです。

製品ごとの洗い方にもよりますが、可能なら泡だけで顔全体を覆うように、手が顔に触れす、泡を動かすイメージで洗います。

化粧水で美白の前に保湿成分を補う

続いては化粧水ですが、ここでは美白効果よりも保湿に重点を置いたケアをしましょう。

もちろん以降のステップでも、保湿効果が期待できるアイテムがあるとなお良いです。

保湿では、まずセラミドが含まれているかを確認してください。

セラミドは保湿効果を肌の表面、角質層で発揮するので、奥まで届くかはあまり重視しなくても良い成分です。

加えて肌に存在する成分でもあることから、敏感肌など弱まっている状態の方でも使いやすいと言えます。

敏感肌ではないけれど肌荒れが気になる方は、化粧品は敏感肌向けのものを前提で選べば刺激も軽減できますよ。

セラミドの入ったスキンケア製品は、長くても24時間程で効果が切れると言われています。

スペシャルケアではなく、毎日きちんと塗布したい成分です。

保湿はシミ以外の肌トラブルにも役立つケア方法であり、40代にありがちなほうれい線もその1つ。

ほうれい線対策がうまくいっていない方も、改めて保湿に目を向けてみてはいかがでしょう?

酸化防止やホルモン調整も一緒に

酸化によるダメージが気になる方は、フラーレンで抗酸化を図るのもおすすめです。

ビタミンCなどが抗酸化物質としては有名ですが、フラーレンはビタミンCよりも効果が高いと言われています。

それでいて刺激も少ないので、エイジングケア製品はもちろん、医療機関でも使用されることが多いみたいですね。

40代は年齢だけでもエイジングケアを試してみようかと思っている方もいるでしょうから、その意味でも良い機会なのかもしれません。

プラセンタによるホルモンバランスの調整も、見逃せないケア方法です。

卵巣の状態に関わらず、女性ホルモンはストレスなどちょっとしたことで簡単に乱れてしまいます。

原因が分かっていればそれに対処すれば良い話ですが、人間関係などなかなか難しいケースもありますよね。

またストレス解消といって、暴飲暴食にはしると健康を損ね、肌にもよくありません。

放っておくと男性ホルモンが増えて、ヒゲが濃くなるなど別の問題が発生してしまいます。

そうなる前に、きちんと女性ホルモンが活動できるよう、調子を整えることも大切です。

プラセンタにはミネラルなどの栄養素も含まれていますから、体の調整にも一役かってくれるかもしれませんよ。

プラセンタサプリメントなどで、スキンケアとは別に確保しても良いでしょう。

卵巣、つまり体内で作用しますから、サプリを飲むことで内側に直接成分を届けられます。

美白にプラスしてリフトアップも検討したい

化粧水の次は乳液やクリームです。

美容液も乳液かクリームで、ステップの後半に使うケースが目立ちます。

保湿が終わったら、いよいよ美白をしていきましょう。

美白成分で選ぶならビタミンCです。

コラーゲンを生成するための材料にもなりますし、フラーレンのところでも記したように抗酸化の機能もあります。

また誘導体という、肌への浸透率を高めるタイプがあるのも嬉しいですね。

浸透が真皮まで届けば、シワケアや皮脂量の調整などの役割も担うので、製品を選ぶ際は肌なじみの良さもチェックしてください。

シワと言えば、肌には弾力も持たせたいところです。

せっかくシミやくすみ、黒ずみなど色素の問題がなくなったのに、肌がたるんでいたのでは別の意味で老け顔になってしまいます。

優先度は低いですが、複数の製品で迷った時に、ヒアルロン酸やエラスチンが入っている方を選ぶことで、ハリアップも手に入れて見てはどうでしょう?

そして鼻の黒ずみなどが良い例ですが、もし顔の一定の箇所にだけ肌荒れが発生しているならば、部分用アイテムの併用も検討しましょう。

全体用に重ねて使うことで、集中してケア、荒れていない部分と調子を合わせることもできます。

素肌の白さのためにメイクアイテムも考えよう

できればメイクはしない方が良いとも言われますが、そうも言ってられませんよね。

そこで、美白ケアも兼ねた方法を選んで行い、肌への負担を極力なくすようにします。

中でも、肌全体に使うベースメイクは重視しましょう。

アイテムはファンデーションでなくBBやCCクリームを使い、保湿を兼ねるのがポイントです。

ファンデーションの中にも美容成分を配合したタイプがありますから、そちらを選んでも構いません。

UVケアもできるとなお良いですね。

クリームだけで素肌っぽさが気になる場合は、上からパウダータイプのファンデーションを使い、軽く重ねるようにして補います。

睡眠不足は実際に寝て解決!

そのほかでは、やはり睡眠時間を確保することでしょう。

睡眠不足による肌荒れは発生したあとの対処療法こそできますが、未然に防ぐならそれこそ寝なさいという話ですよね。

睡眠時間はターンオーバーで肌が自らケアする実践時間でもありますし、ほかのケアと比べてコストも手間もなく行えます。

ストレス解消法としても役立ちますから、肌のことを考えるなら早めに就寝してあげてください。

もし時間は取れているのに回復が見られない、疲れがたまりっぱなしならば、寝具の入れ替えなど質の向上も視野に入れましょう。

寝る前に温かい飲み物を飲む、入浴時間を就寝直前にするなど、リラックスできる状態を作るのもポイントです。

健康維持も兼ねて少し運動をして、軽い疲労を得ることでも寝つきが良くなりますよ。

ダイエットをしている方なら、就寝予定時刻の3時間前ぐらいから食事をしないというルールを決めるのも、良い眠りが期待できます。

食べた物の消化をしているせいで、しっかり寝られないこともあるそうです。

メイミーホワイト60で美白ケア

スキンケアを利用するなら「メイミーホワイト60(MAYME WHITE60)」がおすすめです。

自然由来の成分で構成されたクリーム状のパックで、医療分野の雑誌で紹介されるなど注目されています。

60は60秒の意味で、ほかのパックのように時間をかけずにケアできるのが魅力。

パックというと数分から10分以上必要なこともありますが、メイミーホワイト60なら洗顔のつもりで忙しい朝にも便利です。

実際、メーカーでも1日1回、朝の使用を推奨しているようですね。

また汚れの除去と美白成分の付与というダブルの効果で、肌の透明感を引き出してくれます。

成分にはビタミンC誘導体やプラセンタ、ヒアルロン酸など、ここまでに紹介してきたものも多いです。

メーカーサイトから注文すると、使用後でも返金保証が適用されるなど、コスト面でも安心できますよ。

顔以外の部分にも使えるので、首やデコルテなどボディにも気になる部分があれば、一緒に試してみると良いかもしれません。
メイミーホワイト60の口コミ効果!他の美白クリームとの違いは?

まとめ

ステップと成分の関係はあくまでおすすめな程度なので、例えば化粧水に美白効果、乳液やクリームで保湿効果を求めてもそれは自由です。

人の肌は同じ40代でも全く違う状態であることも多いので、先に美白を補ったほうが良い方もいるかもしれません。

より早い効果を求めるのであれば、今使っているアイテムが残っていても買い換えることも考えましょう。

特に30代、20代のころから使い続けている製品は、今の肌に合っていない可能性も十分あります。

一方で、全てのステップをきちんと行うのはなかなか大変です。

メイミーホワイト60がパックをして洗顔とケアの両方が補えるように、ある程度簡略化できる製品に目を向けてみるのもコツ。

詳しくは↓
メイミーホワイト

Hs