三森はるひ三森はるひ

秋冬の年齢肌対策美容液の成分違い比較と選び方についてです。

気になる美容液のラメラエッセンスC、透輝の滴、アイムピンチ、フルアクレフ、リマーユプラセラ原液をそれぞれ成分から比較して選び方も書きました。

年齢肌というと、老け感が年がら年中出ているイメージもありますが、実は季節によって出やすいトラブルに差があるってご存知でしたか?

四季ごとに違う悩みもあれば、春夏の温暖な時期と、秋冬の寒冷期でも異なります。

ゆえに年齢肌のケアをしようと思ったら、時期に応じた悩みにしっかり対応できるアイテム探しをしなくてはいけません。

秋冬に、春夏向けのアイテムを使い続けることは、年齢以上にトラブルが解消できない理由とも言えます。

今回は秋冬をメインに、起こりやすい肌悩みと、それに見合った美容液をピックアップ。

また美容液ごとに成分を比較し、それぞれがどんな悩みならより役立つのかをチェックしてみました。

秋冬の肌の老化の原因と年齢肌エイジングケア対策のコツは?

秋冬で共通するのは、まず寒さによる肌の乾燥です。

しかし暖かい室内に入ればケアできるのかというとそうでもなく、加湿器などで対策しなければ、暖房器具の熱でやはり肌は乾いてしまいます。

一方秋のみであれば、昨今はまだまだ残暑が厳しい時期も多いです。

ゆえに日焼けや紫外線によるダメージが続きがち。

それが冬になると、冷えも伴って血の巡りが悪くなり、せっかく塗布したスキンケアや飲食品から得る栄養が、満足に行き渡らなくなるデメリットも生じます。

まずは秋冬共通の環境である乾燥しやすさに対抗するため、保湿重視の環境を作りましょう。

上でも触れたように、暖房器具を使う際は加湿器など乾燥しにくい状態にすること。

外出時はマフラーやマスクなど、顔にも防寒アイテムの着用をおすすめします。

またスキンケアは保湿系アイテムを選ぶと共に、時間をかけてマッサージ。

血やリンパの巡りを少しでも良くし、栄養を届けて肌自身が健康をキープしやすくなるようにしてあげてください。

入浴でしっかり温まることや、ホットタオルなどの併用もおすすめです。

ラメラエッセンスCの保湿効果を全成分(原材料)と特徴比較!


1つ目のラメラエッセンスCは、フェース生コラーゲンを採用した美容液。

ナノカプセルに含まれる水溶性のコラーゲンが肌の角質層まで届き、潤いを与えてくれます。

フェース生コラーゲンとは複数の成分が合わさったもので、中には水溶性コラーゲンのほか生体リン脂質、フィトステロールズを配合。

そのほか、ヒアルロン酸やエラスチンなど、肌にもともと備わっている成分をプラスしています。

さらにビタミンC誘導体も取り入れることで、コラーゲンの増加もサポートしてくれます。

一方で7種類の無添加にも成功しており、香料や色素、鉱物油、(エキス抽出を除く)エタノール、フェノキシエタノール、パラベン、そして合成界面活性剤を使っていません。

詳しくは→ラメラエッセンスCの全成分や材料!どれが良いの?

透輝の滴(とうきのしずく)の保湿効果を全成分(原材料)と特徴比較!

2つ目の透輝の滴(とうきのしずく)は、海洋深層水とグロースファクターがメインの美容液。

一般的に海洋深層水と呼ばれる水よりもさらに深い、600m及び1400mの2種類の水をブレンドしています。

αGri-Xと名付けられたそのブレンド水は、肌の状態やリズム調整、また製品そのものの抗菌効果を所持。

そこへEGF、FGFなどのグロースファクター(成長因子)をプラス、肌の成長、つまり代謝を促すなど、本来の力を高めてくれます。

一方透輝の滴の無添加は全部で5種類

ラメラエッセンスCより少ないものの、全て共通しているわけではなく、着色料と香料は合成のもののみ除外、ほかに鉱物油、パラベン、石油系界面活性剤を使っていません。

詳しくは⇨透輝の滴(とうきのしずく)の口コミ効果やコスパを評価!たるみ美容液の噂は本当?

アイムピンチの保湿効果を全成分(原材料)と特徴比較!

3つ目のアイムピンチは、国産大豆と米ぬかによるコラーゲン発酵活動エキスが魅力的です。

全体の3割を占めるエキスで、赤ちゃんのようなモチモチ肌が期待できます。

またアイムピンチも水にこだわりがあり、シリカ(ケイ素)入りの無菌水を採用。

ケイ素はコラーゲン生成に役立つため、コラーゲン発酵活動エキスのサポートにもなります。

加えてコラーゲンそのものやヒアルロン酸など、15種類もの成分を付与。

ハトムギやカミツレなどの植物エキスも含め、全体で26種類もの素材を含んでいます。

ちなみにアイムピンチが取り除いている添加物は3種類。

パラベン、合成香料及び合成着色料のみです。

透輝の滴以上に少ないですが、アイムピンチの場合は、少しでも化学系、人工由来の成分が含まれているものは無添加と表記しないためにそうなりました。

実は成分の大半が植物由来、天然成分であれば無添加を名乗ることは可能だそう。

無添加はもはや種類の多さだけでなく、各添加物の中で天然と人工の割合を気にしなければ、真に除外しているとは言えないのかもしれません。

そういう点では、アイムピンチも安心な無添加のエイジングケア美容液と言えますね。
アイムピンチ(Im PINCH)の効果!口コミ体験やコスパを評価!シワ・たるみ美容液は嘘?

フルアクレフの保湿効果を全成分(原材料)と特徴比較!


4つ目のフルアクレフは、目元のシワやほうれいせんなど、目立ちやすい場所のケアにおすすめの美容液。

フルアクレフのメインとなるのは、保湿ができるプロテオグリカンです。

ヒアルロン酸の1.3倍も保湿に特化し、またコラーゲンのようなハリも期待できます。

また細胞と細胞の隙間を埋める働きも備えているため、キメまで対応可能な成分。

そこにポリフェノールやビタミンPを含む胡蝶蘭エキスをフルアクレフはプラスしています。

胡蝶蘭の自らをケアする効果を、肌にも取り入れることで、ハリやキメ、透明感を出してくれます。

さらにトレハロースやグリセリン、スクワランによるモイストガード処方を実施。

フルアクレフは、保湿ケアをしつつ、肌にも優しく、馴染みある製品に仕上がっています。

そしてアイムピンチの無添加に対する認識に賛同しているかのように、フルアクレフの無添加表示はありません。

素材自体を厳選しているので添加物を入れようがないとも取れますが、一方で着色料と香料は入れていないそう。

着色料と香料がないだけでも無添加を名乗っているスキンケアが数多くある中、フルアクレフが強調しないのは、厳密な意味での無添加はなし得ていないと伝えてくれているのかもしれません。

三森はるひ三森はるひ

私もフルアクレフを使ったことがありますが刺激もなく使いやすいエイジングケア美容液です。

シワケアや保湿、ほうれい線ケアにも役立ちました。

フルアクレフ エッセンスの口コミ!年齢肌改善効果は本当?

リマーユプラセラ原液の保湿効果を全成分(原材料)と特徴比較!

最後のリマーユプラセラ原液は、プラセンタ美容液。

動物の中でも馬、それもサラブレッド由来のプラセンタを使っています。

もともと馬プラセンタは質が良いとされていますが、国産サラブレッドのプラセンタはより高品質。

必須アミノ酸や成長因子を数多く含んでいますし、肌への馴染みも良いです。

リマーユプラセラ原液の素材はプラセンタだけではなく、セラミドに天然ヒアルロン酸、またサイタイエキスを配合しました。

プラセンタは水溶性ですが、油溶性の馬セラミドを取り入れることで潤いケアを可能に。

ちなみにサイタイとはへその緒のことで、こちらも馬由来。

新陳代謝を高めてくれる成分で、ターンオーバーによる肌自身のケアをサポートしてくれます。

リマーユプラセラ原液も、添加物として除いているのは香料と着色料、パラベンの3つのみです。

リマーユプラセラ原液の素材数も、肌ケア成分以外全て含めても11種類というシンプル設計です。

そもそも添加物を使わないと表記するまでもなく、必要な素材のみ使っているのが良いなと思います。

またリマーユプラセラ原液のその多くがサラブレッド由来であることを考えると、大元の材料はもっと少ないと言えます。

種類が少ない分万能さはないものの、各成分を高濃度で取り入れることがリマーユプラセラ原液では可能。

割合が高ければ、対応する悩みへの効果もより実感しやすくなるメリットがあります。
リマーユプラセラ原液公式サイト

保湿強化に最適な美容液はどれ?

どれも保湿を効果としている美容液ですが、5つの中でも特に保湿に特化したアイテムを選ぶとすれば、まずアイムピンチです。

アイムピンチは、効能評価試験の中で、実際に乾燥小じわケアや肌の保水に対してチェックが行なわれており、結果は医学界でも注目されるほど。
アイムピンチ(Im PINCH)の効果!口コミ体験やコスパを評価!シワ・たるみ美容液は嘘?

またフルアクレフが行っているモイストガード処方ならば、潤いを逃がさず留めてくれます。

長時間しっとり肌をキープしたいならおすすめです。

一方肌そのものの保湿力を高めるという意味では、成長因子の入った透輝の滴(とうきのしずく)も良いでしょう。

透輝の滴(とうきのしずく)は、水からこだわっているので、一般的なスキンケアよりも効果が期待できます。

たるみ対策に最適な美容液は?

たるみのケアと言えば、肌にハリや弾力性を取り戻すことです。

そして肌のハリに役立つ成分と言えばコラーゲン。

生コラーゲンとしてそれ自体が浸透も良く、さらにナノカプセルで肌の奥まで馴染ませ、おまけにビタミンC誘導体で取り入れた以上のコラーゲン増加が期待できるラメラエッセンスCがベストでしょう。
詳しくは→ラメラエッセンスCの全成分や材料!どれが良いの?

次いでアイムピンチの、コラーゲン発酵活動エキスと、無菌水による組み合わせがおすすめ。

こちらもただコラーゲンを与えるだけでなく、増やしやすい環境づくりが行えます。

肌の弾力性に関して効能評価試験を実施しているので、肌がハリを取り戻すことで、結果たるみケアに繋げることは可能です。

そしてフルアクレフも、メインであるプロテオグリカンと胡蝶蘭エキスが、共にハリアップに役立つ成分。

キメを整えつつケアできるのも魅力です。

シミ・くすみ・美白に良い美容液は?

メインではないものの、ビタミンC誘導体を取り入れているラメラエッセンスCがおすすめです。

ビタミンCは様々な肌悩みに役立つ成分ですが、シミケアもその1つ。

ラメラエッセンスCに含まれているのがコラーゲンサポートに特化したビタミンCということはないので、使えばメラニンにも対処してくれます。

シミやくすみなど色素沈着に関しては、成分で見るなら、プラセンタとサイタイエキスでターンオーバーのサポートをしてくれるリマーユプラセラ原液も良いです。

シミやくすみを直接無くすわけではありませんが、ターンオーバーでシミやくすみの原因となるメラニンなどを追い出しやすくしてくれます。

そして透輝の滴(とうきのしずく)も、成長因子の種類で言えばリマーユプラセラ原液より上。

透輝の滴(とうきのしずく)は、ターンオーバーによるメラニンの追い出しが期待できます。

コスパが一番良い美容液はどれ?

製品ごとに容量は異なるものの、いずれも1つあたり1ヶ月前後で使い切るタイプなので、各製品の最も安いプランで価格を比較してみました。

少し短い期間ですが、アイムピンチの7日分コース、ピンチ肌脱出コース(税抜き926円)がもっとも安くて便利です。
試したい人にとくにぴったりと言えます。
アイムピンチ(Im PINCH)の効果!口コミ体験やコスパを評価!シワ・たるみ美容液は嘘?

なおリマーユプラセラ原液は2ヶ月分ですが、それでもほかの美容液に比べて安く、1ヶ月分に換算すればその半分までコスパを抑えることができます。

結果、リマーユプラセラ原液の定期コースが税込3820円で最安値。

最も安いのはクレジットカード決済を選んだ場合で、代引や後払いにするともう少し高くなってしまうのですが、それでも最安値はほか製品に譲りません。

ちなみに1ヶ月分をいきなり試すのが不安という方は、お試しコースを設けている製品を利用する方が良いです。

例えば10日分サイズで透輝の滴とフルアクレフが提供されています。

値段を比べるなら、税込650円で試せるフルアクレフの方が安いですが、フルアクレフの場合は単体での提供ではなく、定期コースの初回分という扱い。

継続条件はないため、初回分だけで辞めることも可能です。

しかし解約手続きが手間なら透輝の滴の方が簡単で良いです。
透輝の滴(とうきのしずく)の口コミ効果やコスパを評価!たるみ美容液の噂は本当?

秋冬の年齢肌対策美容液の成分違い比較と選び方のまとめ

5つの美容液は、いずれも保湿だけでなく、様々な効果を備えています。

例えば寒さを感じるころになっても夏に得たシミが消えなかったり、たるみに対処したいならラメラエッセンスCなど、目的に応じて選びましょう。

保湿はほかの肌トラブルの対処にも繋がるとはいえ、より直接的なケアを可能とする成分が入っていたほうが、効果も感じやすくなるためです。

ゆえに秋冬の年齢肌ケアを行うなら、まずは自分の肌に起こっているトラブルを改めて確認し、その対処を得意とする成分を探しましょう。

保湿と合わせて、該当する成分を含んでいる美容液が、あなたにとってのベストアイテムです。

三森はるひ三森はるひ

私が今回じっくり比べてみて一番いいなと思ったのは、生コラーゲン入り美容液のラメラエッセンスCです。

エイジングケア美容液で、秋冬でも年齢以上の老けから肌を解放してあげましょう。

最後に簡単な選び方を書きますね。
シミ・たるみ・シワケアをしたいなら、ラメラエッセンスCをどうぞ。
お得情報→エイジングケアなら〈リポコラージュラメラエッセンス C〉

 

水にこだわってシミ・シワくすみなどエイジングケアなら透輝の滴をどうぞ。

詳しくは→透輝の滴公式サイト

 

とにかく保湿メインでエイジングケア対策したいなら、アイムピンチをどうぞ。
口コミ→アイムピンチ(Im PINCH)の効果!口コミ体験やコスパを評価!シワ・たるみ美容液は嘘?

 

プロテオグリカンや胡蝶蘭エキスメインならフルアクレフをどうぞ。
口コミ→フルアクレフ エッセンスの口コミ!年齢肌改善効果は本当?

 

馬プラセンタやサイタイエキス入りが良い人は、リマーユプラセラ原液をどうぞ。
リマーユプラセラ原液公式サイト