アルケミーの全成分チェックと他との違い

「アルケミー」とは、20代後半〜30代の女性のための新しいエイジングスキンケアです。

肌のくすみやほうれい線は、いつ頃から気になり始めたでしょうか?

個人差はありますが、20代後半頃から少し気になるという方が多いようですね。

そこで、20代後半頃からの、くすみやほうれい線が少し気になり始めたというお悩みの方へプレエイジングケアができるスキンケアとして、アルケミーが発売されました。
アルケミースキンケアトライアルセット

では、アルケミーの全成分を紹介します。

「アルケミーメイク落とし・ハイドロ リフレックス クレンジング ジェル」

トリエチルヘキサノイン エチルヘキサン酸セチル グリセリン トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル 水 酵母発酵エキス トコフェロール リゾレシチン 水酸化レシチン ヒドロキシプロリン ジラウロイルグルタミン酸リシンNa (アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー 水酸化Na 香料

「アルケミー洗顔料・ハイドロリフレックスウォッシング」

水、ミリスチン酸、グリセリン、水酸化K、ステアリン酸、オクテニルコハク酸トレハロース、ラウリン酸、ヤシ脂肪酸アルギニン、ステアリン酸グリセル(SE)、グリコシルトレハロース、酵母発酵エキス、ローズヒップ油、オリーブ油、ホホバ種子油、マカデミアナッツ油、スクワラン、加水分解水添デンプン、ヒアルロン酸Na、乳酸Na、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、ポリクオタニウム-7、PEG-32、ペンテト酸5Na、1、2−ヘキサンジオール、香料

「アルケミー化粧水・ハイドロリフレックス ローション」

水、酵母エキス、BG、グリセリン、ベタイン、アルギニン、水酸化レシチン、カプリルヒドロキサム酸、1、2−ヘキサンジオール、香料

「アルケミー美容液・ハイドロリフレックスディープセラム」

水、酵母発酵エキス、グリセリン、BG、エタノール、ペンチレングリコール、スクワラン、水添レシチン、PCA-Na、ナットウガム、ヒマワリエキス、アセチルグルタミン、ヒアルロン酸Na、キサンタンガム、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィとステリル/ベヘニル)、カルボマー、カプリルヒドロキサム酸、水酸化Na、1、2−ヘキサンジオール、香料

「アルケミークリーム・ハイドロ リフレックス インテンシブクリーム」

水、酵母発酵エキス、BG、スクワラン、グリセリン、エタノール、イソステアリン酸イソプロピル、セテアリルアルコール、ラウリン酸メチルヘプチル、メドウフォーム油、セラミド2、セラミド3、(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K、セラミド6㈼、ヒマワリエキス、ホホバ種子油、ヒアルロン酸Na、トコフェロール、ポリグリセリン-10、キサンタンガム、水添レシチン、ベヘニルアルコール、バチルアルコール、セテアリルグルコシド、イソステアリン酸フィトスリテル、ラウロイルリシン、カルボマー、ステアロイル乳酸Na、ラウリン酸ポリグリセル-10、ステアリン酸ポリグリセル-10、ステアリン酸ポリグリセル-4、ベンタステアリン酸ポリグリセル-10、水酸化Na、カプリルヒドロキサム酸、ベンチレングリコール、1、2−ヘキサンジオール、香料

以上です。

このように、どの製品にも独自開発された酵母エキスが配合されています。
アルケミーは、小じわやシミなどエイジングケアになる?
特徴として、水分と油分のバランスを整え、肌ケアができる商品がアルケミーです。

まずは、気軽にトライアルセットをお試しになられてみてはいかがでしょうか。
公式サイト↓
アルケミー スキンケアトライアルセット

us