何かと気を使う妊娠中にも使えるビタブリッドCフェイス

妊娠中はホルモンバランスが変化することで、肌の状態がそれまでとは違ってきます。

新陳代謝が活発になり、メラニンも増加の傾向となるために、妊婦さんならではの肌の悩みも出てくるのではないでしょうか?

妊娠前と同じスキンケアが合わなくなる人もいれば、ニキビができやすくなったりアトピー症状などがひどくなってしまう人もいます。

肌の状態が今までと違ってくるとスキンケアを考え直さなければと焦ってしまうものですが、うかつに美肌用サプリメントを使うことはできませんし、化粧水ひとつにしても万が一有害な成分が入っていたとしたら皮膚から吸収されたものが血液に混ざって全身を巡ることになりますので神経をとがらせなければなりません。

それなのに、妊娠中はメラニン増加によってシミができやすくなったり、ひどいツワリで食べ物が偏ることで乾燥肌になったり、かゆみやニキビなどの肌トラブルに見舞われやすくなっています。

そこで、有害な物質は含まずに素晴らしい美肌効果を期待できる「ビタブリッドCフェイス」の登場です。

これは妊娠中でも授乳中でも安心して使用することができます。

ビタブリッドCフェイスは、現在世界中の女性から大反響を呼んでいるんですよ。

その理由は、純粋なビタミンCを人工的なビタミンC誘導体に頼らなくても安定して肌に送り込める、というところにあります。

ビタミンCには素晴らしい美肌効果があるのですが、実は空気に触れただけで酸化してしまってすぐに壊れてしまい、肌につける段階ではすでにその素晴らしい役割を果たせない状態に劣化してしまうのです。

ですから、化粧品などの肌への直接的な吸収は難しいとされ、偽物のビタミンCである「ビタミンC誘導体」が代替品として使われるようになったのです。

不安定な純粋ビタミンCと比べて安定したビタミンCが補給できるので、ビタミンC誘導体は化粧品に積極的に配合されるようになりました。

ただ、やはりビタミンC誘導体には限界がありました。

ビタミンC誘導体は不安定なビタミンCを安定させるために分子量が大きくなりすぎ、今度はもともとのビタミンCとして変換される分が少なくなってしまったのです。

そこで不安定なビタミンCでも肌へそのまま補給できる特許技術を採用し、ビタブリッドCフェイスが開発されました。

必須ミネラルの亜鉛で作られた伸縮効果の高い層状物質LDHを利用して純粋なビタミンCにコーティングを施し、素晴らしい作用を保持した状態のビタミンCを肌へと導入できるようにしたのです。
チェ・ジンホ教授発明のビタミンCが肌に吸収されやすいのはなぜ?
化学物質は使わずに栄養成分のひとつである必須ミネラルの亜鉛を利用していますので、有害物質を含むことなくピュアビタミンを肌内部に送れます。

このように、妊娠中の女性にも安心して使えますので、妊娠時特有の肌トラブルでお困りの方は、ぜひこのビタブリッドCフェイスを利用してみてください。

⇩⇩お得なキャンペーン中の公式サイトはこちら

話題のビタミンC12時間パック