アルバニアとシミウス

三森はるひ三森はるひ

アルバニアとシミウスホワイトニングリフトケアジェルの違いを比較します。

シミ美白や年齢肌での選び方は、アルバニアとシミウスホワイトニングリフトケアジェルでは、どうすると良いのか詳しく調べてみました。

冬は日焼けをする機会が少ないものの、だからこそ、シミは目立ってしまいがち。

肌そのものが透明感ある明るさになる分、シミの色って気になってしまいますよね。

しかし夏から秋と、長い間溜め込んだメラニンは、全部を自然に外に出すとなるとなかなか大変です。

人によってはくすみのような全体的な色素沈着に悩んでいたり、ハリがなくなる、乾燥気味などほかのトラブルもあるでしょう。

抱えている肌トラブルが多いと自然に外に出す行為、つまりターンオーバーにも影響が出ることがあり、ケアがより遅くなることも考えられます。

ゆえに少しでも気になっているなら、すぐにでもシミ専用のケアを始めた方が良いです。

シミケアに役立つアイテムはたくさんありますが、特に評判の良いアルバニアとシミウスホワイトニングリフトケアジェルがおすすめ。

今回は、なぜこの2つアルバニアとシミウスホワイトニングリフトケアジェルが良いのか。

人によってそれぞれの向き不向きはあるのかなどのポイントをチェックしてみました。

医薬部外品のアルバニアは夜の手軽ケアに便利

アルバニア

アルバニアはしみやくすみケアにおすすめの薬用美白美容液クリーム。

メラニンを抑えて、成分を角層まで届けてくれる、馴染みの良さも魅力です。

主に夜の利用を推奨しており、寝る前に15秒、簡単に塗ってケアになる手軽さも併せ持っています。

単体での利用も可能ですが、ほかの化粧品を使っている場合は併用も可能。

また気になる箇所が顔以外にある場合でも利用でき、全身ケアにも向いています。
Albinia spアルバニアホワイトニングクリームの口コミ効果やコスパを評価!シミ・くすみケアの噂は本当?

シミウスは医薬部外品のオールインワンジェル

シミウス

一方のシミウスホワイトニングリフトケアジェルは、オールインワンジェルであり、ほかの化粧品がそもそも不要です。

シミウスホワイトニングリフトケアジェルは1つあるだけで、実に10役も兼任。

タイプとしては化粧水、乳液、クリーム、アイクリーム、美容液、マッサージジェル、パック、化粧下地の8役。

そこにシミウスホワイトニングリフトケアジェルは効果の面で保湿と美白が加わっています。

タイプの種類からもわかるように、マッサージでの摩擦緩和や、パックでたっぷり使うこともでき、また下地としてメイクのサポートにもなるなど、活躍の幅は広いです。

ちなみにシミウスホワイトニングリフトケアジェルのマッサージに関しては、ダブルクリスタル製法という独自の技術があることも特徴

シミウスホワイトニングリフトケアジェルは2層になっており、外側をマッサージ、内側で美白を助ける作りにすることで、両立を可能にしました。

アルバニアに含まれている成分は天然由来中心

アルバニアはグリチルレチン酸ステアリルと、トラネキサム酸の2つの成分を中心に構成されています。

1つ目のグリチルレチン酸ステアリルは、甘草から得られるグリチルリチン酸をさらに分解したもの。

アミノ酸の1つでもあり、効果がゆっくり働くため、肌への刺激も少ないのが特徴です。

主に肌あれケアに向いており、にきびやあせも、しもやけ、あかぎれなどにもアルバニアは使うことができます。

もう1つのトラネキサム酸はメラニン対策。

30年以上前にはメラニンを抑える事例が報告されているなど、実績も高い成分です。

そのほかの成分として、まずグリセリンを高濃度で配合しました。

グリセリンは潤い成分というだけでなく、水と油が交互に重なる肌のラメラ構造を通過しやすいのが特徴。

グリセリンがあることで、角層までの到達をより容易にしているんですね。

またアルバニアは、ボタンやカッコンなど、6種類の植物エキスをプラス。

アルバニア成分

アルバニアは、肌のハリや潤いのケア、肌荒れ防止などをサポートしてくれます。

シミウスの成分は?アルバニアとどう違う?

ではシミウスの成分はというと、メインとなっているのはプラセンタです。

潤い、美白のサポートをしてくれるのがプラセンタですから、アルバニアとはメイン成分から違っています。

シミウスホワイトニングリフトケアジェルのプラセンタはアミノ酸など中に含む成分の豊富さも魅力。

肌の調子を整えるなどの効果も期待できるのは良いですね。

ちなみにシミウスホワイトニングリフトケアジェルにはグリチルリチン酸ジカリウムも入っているため、アルバニアのグリチルレチン酸ステアリルとは共通していると言えます。

そのほかでは、シミウスホワイトニングリフトケアジェルは、水溶性コラーゲンにシコンエキス、サクラ葉抽出物にヒアルロン酸をプラス。

シミウスホワイトニングリフトケアジェルは潤いやハリのアップを助けてくれます。

シミウスの成分

植物由来成分はシコンやサクラだけでなく、カモミラやセージなど、全部で10種類という豊富さも魅力。

比べると・・成分上ではシミウスの方が、種類が豊富と言えるかもしれません。

シミの美白におすすめなのは?

アルバニアとシミウス、美白ケアを行うならばどちらの方が良いのでしょうか?

成分でグリチルリチン酸が共通していますから、鍵となるのはトラネキサム酸とプラセンタと見て良いはず。

それぞれの特徴を、改めて確認してみました。

まずどちらにも共通しているのが、メラニンを抑えることでシミケアとなること。

これからの生成を抑える効果なので、既にあるシミには効果が期待できないと思って良いでしょう。

アルバニアに含まれるトラネキサム酸は、40代以上の女性が悩みがちな肝斑のケアに向いています。

一方シミウスホワイトニングリフトケアジェルのプラセンタは、肌の調子を整えてくれる効果の一貫として美白があるようす。

アミノ酸など、肌の材料になる成分も含んでいるため、肌そのものを生まれ変わらせるイメージです。

ターンオーバーを本来のペースに近づける効果もあると考えると、新しくシミができるのを抑えつつ、今あるシミはターンオーバーで出していくというスタイルと判断できます。

つまりメイン成分で考えると、シミウスの方がシミケアにおすすめなんですね。

ただアルバニアも肌の調子を整えてくれる成分として植物エキスを取り入れていますから、今あるシミを無くすことができないわけではありません。

年齢肌はどっちがいい?

年齢肌

年齢肌に関しては、肝斑の可能性があるならアルバニアがおすすめでしょう。

植物エキスはもともとエイジングケア用として採用されているものが多いため、加齢で起こりやすいトラブルにも対処しやすいです。

一方年齢肌に関しても、トラブルの解消に時間がかかるようなら、シミウスにするのもあり。

ターンオーバーは年齢が増えることでも延びやすくなるため、トラブルを抱えているとなればなおさらケアに時間がかかります。

プラセンタをはじめとするシミウスの成分で、ターンオーバーを整えつつ悩みに対処するのもおすすめです。

アルバニアを効率よく使う方法

アルバニアは適量を必要な部位に塗るだけでOKですが、手で抑えるなどひと手間加えることで、よりなじみやすくなります。

ちなみに適量の目安に困ったら、パール1粒大を考えるとちょうど良いです。

足りない場合は適宜アルバニアを追加していきましょう。

アルバニアを塗る場合は、顔にいきなり使うのではなく、手で温めてからがおすすめ。

最初は頬に、こめかみへ向かって引き上げるように使いましょう。

額もこめかみへ、中央から左右に流すイメージでアルバニアを塗ります。

さらに目元を押すようにマッサージし、やはりこめかみへ流します。

仕上げに顔全体を手のひらで覆うようにプッシュ。

アルバニアの成分を肌の奥へ押し込むイメージで抑えたら完了です。

各行程は何十秒とかけて行う必要はなく、この手間を踏まえて15秒で済むのもアルバニアのメリットと言えます。

シミウスでもマッサージ

シミウスにもおすすめの使い方があります。

シミウスのマッサージはリンパマッサージなので、老廃物を押し出す動作が中心です。

まずは準備動作として、耳の下の凹んだ場所を強く押すようにグリグリと揉み込みましょう。

顔に溜まった老廃物は、ここを通して首、デコルテ、ボディへと流れて排泄となるので、先にほぐしておくと流れやすくなるんです。

シミウス最初の手順は、アルバニアと同じく頬から。

ただし手のひらや指ではなく、握りこぶしでほぐすように押し込みましょう。

皮膚ではなくその内側にある筋肉を揉むつもりで、少し痛いと感じるぐらいがベストです。

その後、鼻を含む顔の中央部分から、輪郭など外周部へと押し出すように流しましょう。

ここでは指の腹を使って、優しく行うのがコツです。

最後に手のひらで頬全体を覆うようにしながら筋肉を引き上げ、最初に行った耳の窪みへと老廃物を押し出しましょう。

仕上げとして、耳の窪みから首のサイド、鎖骨の上部に沿って流して完了です。

鎖骨に沿って流すときは、右側なら左手と、部位と逆の手で行うと容易にできますよ。

ただ時間はアルバニアよりもかかってしまいがち。

シミウスはオールインワンではありますが、夜の時短ケアという意味ではアルバニアの方が手軽にできますね。

どちらもアレルギーにだけは注意

アレルギー検査

植物由来成分、天然成分で構成されているアルバニアとシミウスは、特別副作用なども確認されていません。

ただ薬を利用していたり、妊娠中など、影響が不安な方のみ事前にパッチテストをしたり、かかりつけ医に相談しておくと良いでしょう。

それでも1つ、特に注意したいのがアレルギーです。

特に皮膚で反応が出てしまう方は、どちらを選ぶにせよ、原材料をよく読んで、当てはまる成分がないことを確かめてください。

アルバニアを購入するならどの方法がお得?

計算

アルバニアを購入する際は、公式サイトにおいて、複数本のまとめ買いがおすすめです。

1本のみだと送料が発生しますが、2本以上なら無料。

ちなみに商品価格に関しては、単品であっても定価の半額以下で購入可能ととてもお得です。

ただしアルバニアを販売するのは、今の在庫限り。

無くなった後のアルバニアの市販予定はないとのことなので、気になったら早めにチェックしておきましょう。

またまとめ買いが可能とはいえ、在庫が少ないこともあってか、アルバニアは1人3本までの制限が付いています。

またアルバニアは、在庫の少なさゆえ、定期購入なども現状行っていないようです。

アルバニアの在庫がある限りは再度注文できるかもしれませんが、継続して利用する際は、使い切る前に確認し、購入しましょう。

シミウスの購入方法はアルバニアより便利?

ネット購入

シミウスも公式サイトを介した利用がお得。

価格は定価の時点でアルバニアよりも安く、さらに定期購入に割引特典があるため、コスパの点ではシミウスの方が良いと言えます。

割引率としては20%オフで、さらに送料も無料

加えて定期購入にありがちな継続縛りが存在せず、気に入らなかったら1回でやめてもOKです。

加えてシミウスの定期特典として、初回のみ、プレミアムマスクパックが3枚ついてきます。

シートだけのマスクではなく、プラセンタにヒアルロン酸、セラミドなどがたっぷり詰まったパック。

目元付近は二重構造になっており、徹底ケアを可能にしています。

シミウスを使いつつ、週末などを利用してパックのスペシャルケアも行いましょう。

さらに30日以内ならば返金申請も可能

商品は使い切ってしまっても申請できるため、効果が無かったとしても金銭面での損がほとんどありません。

もちろん、2回目以降続ける場合も、割引率・送料無料のサービスはそのまま続きます。

2ヶ月に1回など、ペース変更にも応じてくれますから、余ってしまった時に活用しましょう。

解約や返金にともなう手続きをしたくない!という方でもない限りは、シミウスはとってもおすすめです。

またシミウスの場合、楽天市場や@コスメでの購入ができますが、ただ定期購入がなかったり、割引率が公式サイトほどではないというデメリットが生じることもあります。

ですから一番コスパもよく安心して買えるのはシミウスの公式サイトです。

アルバニアとシミウスの違い比較まとめ

アルバニアは美白クリームと銘打っているだけあって、シミやくすみと言った色素沈着の悩みに向いています。

一方シミウスの場合は、シミはもちろんですが、そばかすなど特定の部位に対処するのが特徴。

また乾燥など、色素以外の悩みに対しても活躍してくれます。

それぞれシミケアとなる成分、植物由来成分を含んでいるのは同じでも、中身も多くが異なっていますね。

アルバニアは色素のトラブルにより特化したイメージですが、シミウスは肌そのものを見直すアイテムという印象を得ます。

どちらが適しているかは製品の優劣ではなく、あなたが今抱えているシミの状態や、ほかの悩みで決まるといって良いです。

そして購入方法に関しても、値段はシミウスが安いですが、定期購入であるため解約の手間がかかります。

アルバニアは1回きりなので、不要になっても連絡せずにストップできますが、値段はシミウスより高め。

コスパを重視するならシミウス、連絡を手間を考えるならアルバニアと、ここでも向き不向きが分かれています。
アルバニアとシミウス

今の自分の肌にはどちらが必要か、どちらの方が買いやすいシステムか、しっかり見極めて、シミのない均一な美肌を作っちゃいましょう。

◆最後に選び方を簡単にまとめます。

普通のシミケアでコスパが良い方が良い人はシミウスをどうぞ。
保湿したい人やそばかすを消したい人もシミウスをどうぞ。
>>シミウス公式サイト<<

 

シミケアだけでなく肝斑などの悩みが深い人は、アルバニアをどうぞ。
くすみなど色素沈着が気になる人や解約が面倒な人もアルバニアが良いです。
>>アルバニア公式サイト<<