チークポアパッチの口コミ効果!頬の毛穴ケアに良いのは本当?

チークポアパッチの口コミ効果が気になります。

頬の毛穴ケアに良いのは本当でしょうか?

チークポアパッチは目立ち毛穴に引き締め成分をマイクロニードル技術の応用で肌への吸収をアップしているとの事

頬の毛穴のスペシャルケアとの事なのでチークポアパッチについて詳しくリサーチしてみましたよ。

頬は顔の中でも面積が広いですが、その分毛穴の数も多い場所。

毛穴と言えば小鼻のイメージもありますが、ファンデーションなどを塗った時に凸凹が目立ってしまうなど、頬も毛穴が気になりやすいです。

もし普段からスキンケアで対策をしているのに効果がないと思ったら、スペシャルケアを取り入れてみるのも手。
そんな頬の毛穴のスペシャルケアで人気なのが貼るパックタイプのチークポアパッチです。
詳しくは→お得なチークポアパッチ公式サイト

今回は、この貼るパックタイプのチークポアパッチについて、口コミから成分、使い方などをご紹介します。

チークポアパッチの口コミ!効果はいかが?

ではまず、チークポアパッチの口コミから見てみましょう。

【著作権上や表現の問題等から、口コミは意味を変えず書き直しさせて頂いています】

週1ペースなので続けやすい。(40代女性)

チクチクした感触がかえってクセになる。(20代女性)

公式サイトより引用

肌のハリなど、続けることでなんとなく変化していくのが楽しい。(40代女性)

針は肌にじんわりとなじんでいく感じで痛みはなく、毛穴ケアやピーリングなど刺激の強いケアアイテムが苦手な私でも使えた。(30代女性)

引用元:@コスメ https://www.cosme.net/product/product_id/10191278/reviews

チークポアパッチは、新しい商品なだけあってまだまだ口コミ数は少ないようですが、好意的な声が多く見られました。

毎日行う必要はないため、スキンケアで重要な継続がしやすいこと、後述するニードルへの痛みは心地よさはあっても痛みは感じにくいなどの意見が多いです。

チークポアパッチ、期待できますね。
詳しくは→お得なチークポアパッチ公式サイト

もちろん、ただ合わなかったという意見はないものの、口コミの母数が少ないために、まだ出ていないだけという可能性もあります。
どんな商品でも合わない人はいますからね。

改めて、チークポアパッチの特徴、特にデメリットはないのかなど探ってみました。

頬の毛穴ケアでたるみ毛穴や開き毛穴にも効果?

ホント?

チークポアパッチは逆三角形の形をしたパッチで、目の下から頬にかけて貼って使います。

特に毛穴が多いとされる、チークポアゾーン専用のパックで、引き締め成分によって毛穴の開きやたるみ対策が得意です。

毛穴の黒ずみにも効果?

チークポアパッチは毛穴の黒ずみにもおすすめです。

特に毛穴の開きによる影などで黒ずんで見える場合は、チークポアパッチの引き締め成分によって解消が期待できます。

一方毛穴に汚れなどが詰まっている場合は、まずクレンジングや洗顔できちんと落としましょう。

その上でチークポアパッチを使えば、やはり引き締め成分によって毛穴が閉じやすくなるため、今後余計な汚れが入り込んでしまうリスクを抑えることができます。

頬以外にどこに使える?

チークポアパッチはチークボアゾーン以外で使えないという制限はありません。

もちろん目などの粘膜の上や、傷、炎症のある場所など特別過敏な場所は別ですが、そうでなければ顔やボディにも使えます。

頭皮は髪がパッチにくっついてしまうかもしれないので、あまりおすすめはしません。

ただ顔もしくはボディが敏感肌の方は、成分を確認の上、パッチテストで様子をみて続けるかどうか考えましょう。

チークポアパッチは第三者機関でパッチテストが行われています。
だから安心度が高いですね。

それでも全ての人に安心と断言できるわけではないので、自分でも試してみた方が安心です。

チークポアパッチの効果的な使い方

使い方は?

チークポアパッチはパックという特徴から夜、スキンケアの最後に使うのがベストです。

入浴などで洗顔を終えたら、いつものように化粧水や美容液などで肌を整えましょう。

最後にチークポアパッチを貼って完了です。

就寝中は貼りっぱなしにし、翌朝、ゆっくり剥がしていつもの洗顔を行いましょう。

パッチを剥がした後、ケア成分が肌に残っているなと感じた場合も、洗顔で落とせばOK。

無理に指などで剥がそうとすると、肌を傷めるかもしれないのでやめましょう。

ちなみに、チークポアパッチの前に化粧水などを使うことは、肌を潤わせてチークポアパッチの成分をより馴染みやすくするというメリットもあります。

なので時間がない時も、せめて化粧水ぐらいは使ってからチークポアパッチを貼りましょう。

特にパッチを貼った際に、マイクロニードルで違和感を感じている方も、普段のスキンケアをしておくことで、違和感をカバーできることもあります。

パッチを貼る際は、顔の中心部分かわ外側へと、空気を押し出すように貼り付けると上手くいきます。

チークポアパッチは就寝中に貼りっぱなしにするため、少しでも空気を含んでしまうと、寝相などで簡単に剥がれ落ちてしまうので注意。

またパッチを貼った後で、上から2、3回、指で押さえて密着させるのもおすすめです。

加えてパッチの貼り直しも、粘着力が下がるのでおすすめはしません。

事前に貼る位置を確認し、鏡などで見ながら行うと失敗しにくいです。

そしてチークポアパッチは最低でも5時間貼り続ける必要があります。

睡眠時間が短い方や、夜以外のタイミングで使いたい方は、5時間経過する前に剥がしてしまわないよう気をつけましょう。

さらに1日の利用時間は5時間ですが、チークポアパッチは効果を感じられるようになるまで2~3か月の継続が必要です。

週に1回のペースで2~3か月なので、最低でも8回分は続けてみないと、効果がないのかまだ表れていないだけなのか判断することはできません。

また2~3か月が前提条件であり、毎日のように使って8日で8回で効果を見る方法もNGです。

チークポアパッチの正しい使い方をして効果を実感しましょう。

チークポアパッチの全成分と特徴

成分は何が入ってる?

チークポアパッチのメインとなる引き締め成分は、ハマメリスエキスとアーチチョーク葉エキス、そしてサンショウ果実エキスの3種類で構成されています。

プラスしてヒアルロン酸やEGF、FGFを加え、引き締めた後の肌を潤わせ整えることが可能です。

またそれらの成分は、マイクロニードル技術を駆使した極微小の針の形でパッチについているのが特徴。

成分が針の形をしていることで、肌の奥になじみやすくなるようにしています。

加えてあくまで針はケア成分でしかないため、パッチを貼っている間に溶けて消えてしまうのもポイント。

貼り付けた直後こそ、チクチクした感触を得ることがあっても、貼っている間に消えてしまうため感触すら長くは続きません。

注射針などのように、痛みや違和感を我慢する必要がないんです。

そのほか、カキ葉エキスやブドウ果実エキス、BG、コーヒー種子エキス、ベニバナ花エキス、イタドリ根エキス、チャ葉エキス、クリ殻エキス、トレハロースやグリセリンなどを含んでいます。

ヒアロディープパッチとの違いや併用は可能?

比べると?

チークポアパッチのメーカーである北の快適工房では、ほかにもパッチタイプのスキンケアを多く扱っています。

代表的な商品の1つが、ヒアロディープパッチ

ヒアルロン酸をメインとしていることと、目の下に貼るため目の形に合わせたフォルムが特徴です。
目の下だけでなくほうれい線にも使えるのも特徴です。

三森はるひ三森はるひ

私もヒアロディープパッチを使っていますが、良い感じですよ。
ヒアロディープパッチは、ゴルゴラインなど目周り以外のシワにも使える?

チークポアパッチも目の下から貼り付けるため、通常の使い方での併用は、上に重ねる方の効果が得られなくなってしまいます。

もし併用するのであれば、目の下はヒアロディープパッチでその下、頬を中心にチークポアパッチを貼るなど、2つが重ならないよう工夫しましょう。

あるいは1週目はチークポアパッチ、2週目はヒアロディープパッチと、交互に使い分けるのも手ですね。

どちらも週1ペースですが、1週間の間に、どちらも同じ場所で使うと肌への刺激になる可能性があります。

同じ場所に使いたい場合は、隔週で交互に使いましょう。

ケアナノパックとの違いや併用は可能?

併用できる?

一方塗るタイプのスキンケアで、ケアナノパックと呼ばれる商品も展開しています。

ケアナノパックはヒアルロン酸のほか、プロテオグリカンやEGFなどをメインにしたクリームパック。

ヒアロディープパッチやチークポアパッチとは異なり、ケアナノパックは毎日使えるのも特徴ですね。
ケアナノパックの口コミ効果!寝ている間に毛穴が綺麗になる噂は本当?

その分、普段のスキンケアで使っているクリーム感覚で利用できるため、ヒアロディープパッチよりはチークポアパッチとの併用もしやすいと言えます。

普段のスキンケアをし、ケアナノパックを塗ってからチークポアパッチを貼って完了です。

ケアナノパックでチークポアパッチがはがれやすいと感じたら、量を減らすか、チークポアパッチで貼らない場所のケアを任せましょう。

チークポアパッチのメリットとデメリット

メリットデメリット

チークポアパッチのメリットは、マイクロニードルによるなじみやすさでしょう。

針の形という、物理的に肌へ入り込むことと、5時間貼りっぱなしのパックという2点から、ほかのスキンケアに比べて肌になじみやすいです。

またマイクロニードルが肌に入り込む際、普段のスキンケアのなじみも一緒に高めてくれるのもメリット。

当然ですが、スキンケアは肌の上に塗っているわけで、さらに上からチークポアパッチのマイクロニードルが刺さることにより、先に塗っていたスキンケア成分も、一緒に肌の奥まで届けてくれる可能性があります。

しかし反対に、人によってはマイクロニードルが肌に入り込んでくる、チクチクとした感触を得やすいです。

ケア成分で構成されたマイクロニードルは、15分もすれば溶けてしまいますが、言い換えれば15分までは違和感が残る可能性もあります。

また普段使っているスキンケアが、場合によっては使えなくなることもデメリットでしょうか。

特に乳液やクリームなど油分の多い商品の場合、肌にきちんとなじんでいないとチークポアパッチが密着できず、途中で剥がれてしまう可能性があります。

スキンケアを止めずにできる対策としては、スキンケアが肌になじむまで時間をあけるか、普段より量を少なめにして様子をみてみましょう。

そしてクリーム以上に、メイク後の利用はおすすめできません。

もし日中にチークポアパッチを利用したい方も、最低メイクは落とし、スキンケアで整えてからチークポアパッチを貼るようにしてください。

妊娠中・授乳中も使える?男性は?

妊娠中や授乳中でも?

チークポアパッチは妊娠中の方や授乳中の方でも使うことができます。

ただ悪阻など体調不良を感じたら、無理をせず一旦お休みしましょう。

また授乳中の方は、赤ちゃんがチークポアパッチに触れてしまわないよう、保管場所にも注意してください。

ちなみにチークポアパッチは年齢はもちろん、性別も限定しません。

口コミでも20代の方から40代までの方がいますが、利用者の中には60代以上の方もいます。

男性でも毛穴の悩みがあれば使ってチークポアパッチをOKです。

市販されている?楽天・アマゾンでは販売?

楽天アマゾン最安値は?

チークポアパッチはは楽天市場やAmazonなどのサイトで販売されています。

ただ値段を見ると、販売店によっては定価以上の価格が表示されていることもあるので、一概におすすめとは言えません。

楽天などはポイント利用も便利ですが、ポイントは現金の代わりとして使うもの。

わざわざ高い値段で買うよりは、別の商品を買う機会に取っておいた方がよいでしょう。

お得でコスパが良いキャンペーン情報は?

コスパ

チークポアパッチでコスパを重視するなら、メーカーの公式サイトがおすすめです。

メーカー直営なので、まずチークポアパッチの値段が高くなることはありません。

加えて北の快適工房では、3種類の定期コースも用意されており、自分のペースに見合う利用も可能です。

1つは初めての方向けのお試し定期コース。

割引率は10%と、3つのコースの中では1番低いのですが、定期コースでありながら初回のみで解約してしまうことも可能です。
チークポアパッチの効果や相性の不安がある方は、まずお試し定期コースから始めましょう。
詳しくは→お得なチークポアパッチ公式サイト

2つ目は基本コース

発送ペースが3か月に1回となり、その分1回に届く商品の量も3か月分になるのが特徴です。

商品価格は定価の15%オフで、3コースの中では真ん中の割引率。

その代わり1回で解約することはできず、最低でも3回受け取り(9か月)の継続が条件です。

チークポアパッチに慣れてきた、相性が良いと感じたら切り替えましょう。

最後は年間購入コース

名前の通り、1年の継続利用を条件としますが、代わりに割引率は20%と全コース中最大です。

2年目以降の継続ではさらに割引されることもあり、長期利用が確定している方で、コスパ重視であれば年間コースをおすすめします。

ちなみに年間コースも、発送ペースは3か月分を3か月毎に届けます。

チークポアパッチの口コミ効果まとめ

まとめ

チークポアパッチは、メイクのチークを塗る場所のケアを目的とした商品です。

成分がマイクロニードルと呼ばれる針状になっており、肌になじませやすいのがポイント。

その分週に1回のペースでしか使えませんが、引き締め成分などによって肌を整え、毛穴トラブルの解消を手伝ってくれます。

チークポアパッチを普段のケアにプラスして、たるみや開きの気にならない、スッキリ美肌を目指しましょう。

肌に合うかどうかを試してみたい人は、お得でいつでも中止も可能なお試しコースが安心です。
詳しくは→お得なチークポアパッチ公式サイト