三森はるひ三森はるひ

ハリや潤いアップに人気のロート製薬のスキンケア糀肌(こうじはだ)の材料(全成分)を徹底チェックしてみました。

副作用や潤い成分はどれでしょうか?

年齢を重ねていくと、どうしても肌にハリと弾力がなくなってしまい、肌の乾燥を実感する機会が増えていきますよね。

若い頃は水分と油分のバランスをしっかりと保つことができているため、肌にうるおいを蓄えることができましたが、30代後半から40代以降になると、肌のうるおい不足を感じるようになります。

そんな時に心強い味方となってくれるのが、潤いをしっかりと補給してくれるスキンケアアイテムの存在です。

そこで今日は、年齢を重ねた潤い不足に最適だと言われている糀肌(こうじはだ)について詳しく迫っていきたいと思います!

先に公式サイトをチェックしたい人はこちらからどうぞ

詳しくは公式サイト→【糀肌】

材料や全成分から見た!副作用や潤い成分はどれ?

まずは、糀肌(こうじはだ)が一体どんな材料で作られているのか、全成分をご覧ください。

糀肌(こうじはだ)全成分(材料)
水、BG、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、スクワラン、ヒドロキシエチルウレア、グリセリン、ステアリン酸ポリグリセリル-10、コメ発酵液、ステアリン酸グリセリル、加水分解コメタンパク(白糀コメエキス)、加水分解コメエキス、乳酸桿菌/コメ発酵物、加水分解ダイズタンパク、シア脂、酢酸トコフェロール、アルギニン、マルチトール、ヒドロキシプロピルデンプンリン酸、EDTA-2Na、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C-10-30))クロスポリマー、カルボマー、TEA、ベヘニルアルコール、フェノキシエタノール、シクロデキストリン、エタノール、メチルパラベン

糀肌(こうじはだ)には、糀に含まれている天然の保湿成分が豊富に含まれており、特に注目したいのは白糀コメエキスになります。

この成分白糀コメエキスにはコラーゲンやヒアルロン酸を超えるタンパク質保有量があることがロート製薬の研究結果により確認されました。

また、白糀コメエキスには、肌表面でとどまり、潤いを守る高分子加水分解コメタンパクと、角質層まで浸透する低分子加水分解コメタンパクの両方が配合されています。

そのため、糀肌(こうじはだ)は、肌にすーっと浸透する一方で、表面の水分蒸発を防ぎながら、潤いをしっかりと閉じ込めていきます。

これらの働きのおかげで糀肌(こうじはだ)は、肌のキメを整えながら、ハリとツヤのある若々しい肌を取り戻していくことができます。

続いて糀肌(こうじはだ)の副作用についてですが、配合されている成分表記にアレルギーがある場合には、使用を避けるようにしてください。

特に該当するアレルギーがない場合には、糀肌の副作用を心配する必要はありません。

安全安心で効果的な使い方や実感できる継続期間は?

続いて、糀肌(こうじはだ)の効果的な使い方と実感できる継続期間についてご紹介していきます。

まず糀肌(こうじはだ)の使い方ですが、糀肌くりーむの保湿力や浸透力をより高めるために、糀肌けしょうすいで潤いを補給しておきます。

糀肌けしょうすいは、とてもとろみが強いので、肌に乗せるとぐんぐん伸びるのが特徴的です。

糀肌(こうじはだ)くりーむは適量を手に取り、肌の乾燥が気になる部分に乗せて、顔全体にまんべんなく伸ばしていきましょう。

その後、手のひらで顔全体を包み込みながら、糀肌くりーむをなじませます。

仕上げに糀肌濃厚くりーむで潤いを閉じ込めてください。

そして良い変化を実感することができるまでの継続期間ですが、糀肌の口コミを検証してみたところ、使い始めてから3ヶ月以内に実感されている方が多いようです。

人により肌の再生周期も異なってくるため、3カ月間は糀肌を継続して使ってみることをお勧めします。

糀肌(こうじはだ)のメリットやデメリットは?

糀肌の最大のメリットは、保水力に非常に優れているところです。

もともとこの商品「糀肌(こうじはだ)」が開発されたきっかけは、ロート製薬が注目した糀(こうじ)の力にありました。

女性の美肌に役立つ新しい知恵を探していたロート製薬は、お酒作りの職人である杜氏の美しい手に着目しました。

常に冷たい水にさらされ、黙々と働く杜氏の手は、冬場には手肌で肌が荒れてしまいカサカサになると言われています。

しかし、ある時だけひどい手荒れに悩まされなくなると言うのです。

それが、糀に触れている時でした。

不思議な力を持つ糀に心惹かれている時、運命的に出会った米どころ新潟で糀の魅力を伝えていた「古町糀製造所」とタックを組むことにより、誕生した化粧品が糀肌になります。

また、糀肌(こうじはだ)は、化粧品としての使いやすさにもこだわっているため、ベタベタとすることなく、サラサラな塗り心地にこだわっているのも大きなメリットと言えるでしょう。

肌内部の水分をしっかりと守りながら、潤いを閉じ込めてくれる高保湿力とクリームなのにべたつきのない商品の特徴が、多くの女性から糀肌(こうじはだ)が力強く支持されている理由の1つとなります。

続いて糀肌(こうじはだ)のデメリットですが、この商品はロート製薬から販売されている化粧品でありながら、薬局やドラッグストアでの販売を見かけません。

糀肌(こうじはだ)公式サイトの通信販売で購入できる商品となっているため、試してみたい方は公式サイトから注文する必要があります。

口コミは?悪い口コミや効かない場合の対策は?

それでは、実際に試されている方の糀肌の口コミをご覧ください。

口コミ1 50代女性

私は皮膚がもともと薄いので、若い頃は透明感があると羨ましがられましたが、年齢を重ねるようになってからはひどい乾燥に悩まされるようになりました。

50歳を過ぎてからは乾燥小じわがとても目立つようになり、年齢より老けて見られることも増えてしまいました。

そんな時に見つけたのがこちらの化粧品「糀肌」です。

以前から糀を使った化粧品に興味があったので、見つけたときにはこれだ!とすぐに思いました。

実際に試してみるとべたつくことなく、浸透力にも優れているので使い心地がとても良いです。

また、糀肌は、敏感肌の私でも天然成分で作られているので、肌荒れすることなく安心して使うことができています。

口コミ2 40代女性

今まで様々な化粧品を試してきましたが、長く続いたものでもう半年程度で、すぐに化粧品の良さを感じることができなくなり、基礎化粧品ジプシーに陥っていました。

そんな私が2年以上使い続けることができたのが、ロート製薬から販売されている糀肌くりーむです。

うるおいにとても優れているのに、べたつき感を感じることのない使い勝手の良さが、今までの化粧品にはない感覚でした。

正直、糀肌を使ってしまうと他の化粧品が使えなくなってしまいます。

またオールシーズンで使うことができるので、真冬の乾燥がピークの時期はもちろんですが、真夏のべたつきやすい時期にも問題なく使用することができます。

若い人にはあまりこの良さがわからないかもしれないので、ぜひ私と同じ年代の女性に試してもらいたいです。

口コミ3 40代女性

糀肌は、アトピー体質で敏感肌の私であっても安心して使うことができる低刺激の商品でした。

肌の表面がベタベタするとかゆくなってしまうのですが、糀肌はしっかりと保湿してくれるのにベタつくことがありません。

朝のメイク前でも肌表面がサラサラとしているので安心して使うことができます。

【著作権上の問題により、口コミは意味を変えず書き直しさせて頂いています】

参考:公式サイト

詳しくは公式サイト→【糀肌】

糀肌の口コミを見てみると、非常に評価の高い商品であることがわかりますが、初めて試してみる方は本当に良い変化を感じることができるのか気になるところですよね。

糀肌は、今ならうるおい体験キャンペーンが実施されているため、通常なら4,639円かかってしまう商品が、特別価格での購入が可能となっています。

さらに、糀肌にけしょうすいと濃厚くりーむの2点セットもついてくるので、単品で使用するよりも良い変化を感じやすいと思います。

妊娠中・授乳中の敏感になった肌でも使える?

糀肌の成分表示を見ていただいても分かるように、こちらの商品には香料、着色料、鉱物油等は一切含まれていません。

また商品の性質上アルコールが配合されていますが、濃度が非常に低いため、お酒に弱い方でも安心して使うことができます。

そのため、妊娠中や授乳中といった敏感になった肌状態であっても問題なく使用することができるでしょう。

どうしても心配な場合には、目立ちにくい部分で少量を試してから使ってみると良いかもしれません。

男女とも使える?何歳から使って良い?

糀肌シリーズは女性だけではなく、男性でも使用することができます。

むしろ男性の場合、女性のようにスキンケアを行う習慣がないため、糀肌を試してから良い変化を感じるまでの期間が早いかもしれません。

対象年齢に関しては記載されていないため、肌に潤いが不足してきたと感じている全ての方にオススメです。

ただし、少量ではありますがアルコールが含まれている商品となっているため、糀肌の小さなお子さんの使用はお勧めすることができません。

どんな肌質でも使える?敏感肌・アトピーやニキビでもOK?

糀肌(こうじはだ)は、基本的には、敏感肌、アトピー体質、ニキビ体質の方であっても問題なく使用することができます。

ただし、配合されている成分にアレルギーがある場合には使用することができないため、気になる方は必ず成分表示を確認してから購入するようにしてください。

販売店はどこ?ドラッグストア(薬局)でも市販?

ロート製薬から販売されている商品なので、薬局やドラッグストアでも購入することができるのではないかと、近所のお店を探してみました。

しかし、ロート製薬から販売されている他の化粧品を発見することができましたが、糀肌シリーズは取り扱いを見かけませんでした。

糀肌シリーズは通信販売専用で販売されている商品なのかもしれません。

楽天・アマゾンなど通販での最安値はどこ?

続いて、楽天やアマゾンといった大手通販サイトでも糀肌(こうじはだ)が購入することができるのかについて調べてみました。

まず楽天ですが、こちらでは通常価格での糀肌(こうじはだ)の販売が行われています。

そしてAmazonですが、こちらも同じく、同様に糀肌(こうじはだ)の通常価格での販売が行われていました。

そして糀肌(こうじはだ)公式サイトを確認してみたところ、公式サイトでは特別価格で購入することができるキャンペーンが実施されています。

なので楽天やアマゾンと比較すると公式サイトからが最安値で購入できることがわかります。

さらに今なら、糀肌けしょうすいと濃厚くりーむのミニセットがついてくるので、これから糀肌(こうじはだ)の購入を検討されている方は公式サイトからの購入をお勧めします。

詳しくは公式サイト→【糀肌】

糀肌(こうじはだ)の他のエイジングケアとの違いとまとめ

エイジングケアアイテムが、多くの化粧品会社がとても力を入れている分野となっているため、様々な商品が販売されていますよね。

私自身もあらゆるエイジングケア化粧品を試してみましたが、商品によって実感力はもちろん、変化を感じられるまでの継続期間にも大きな違いがありました。

糀肌は、日本人に肌なじみの良い白糀コメエキスを配合している商品で、年齢を重ねることにより発生するさまざまな肌トラブルにしっかりと働きかけてくれます。

もともと私たちの理想的な肌状態はタンパク質が20%ほどで、肌そのものに保水力が備わっています。

しかし、年齢を重ねると必要なタンパク質の量が50%ほど減ってしまうため、肌トラブルの原因を作り出してしまうのです。

これを見てもわかるように、最適な肌環境作るためには、タンパク質のコントロールが不可欠となってきます。

白糀コメエキスは、コラーゲンやヒアルロン酸を超えるタンパク質の保有量があるため、年齢を重ねることにより発生するタンパク質不足に良い変化を期待することができます。

また、これからの時期は紫外線がとても気になるところですが、肌を乾燥させる最も大きな原因となってしまうのがこの紫外線の存在です。

そして紫外線は、肌老化の原因の約8割を占めると言われているため、しっかりと紫外線の影響をケアしていくことが大切です。

糀肌は、日に焼けてしまった肌にもしっかりと潤いを与えてくれることにより、紫外線によって引き起こされる肌の悪循環を防ぐことができます。

春から夏にかけては、基礎化粧品を美白アイテムに変える方が多いと思います。

しかし糀肌シリーズは、1年を通してオールシーズンで使用することができる基礎化粧品となっているので、ぜひこの機会に試してみて下さい!

糀肌(こうじはだ)で潤いもハリもアップで若々しい肌を目指せそうですね。

公式サイトでは最安値になるキャンペーンも時々開催中です。

糀肌が今もキャンペーン中か確認してみてください。

詳しくは公式サイト→【糀肌】