あきゅらいずは50代の素肌ケアに向く?

女性は若い10代20代を通り越したあと、衰えを感じ始める30代40代に突入し、さらに50代に突入した頃には自分の素肌に自信が持てなくなっている人がとても増えています。

確かに20代の肌と50代の肌を比較してみると、肌の再生であるターンオーバー周期も倍以上の長さになるため、素肌に自信が持てなくなってくるのはしょうがないことなのかもしれません。

しかし、女性に生まれたからには何歳になっても美しく見られたいですよね。

特に50代の芸能人を見ていても美しい方がとても多く、自分ももしかしたらこのように美しくいられるのではないかと考えている方も少なくないはずです。

そんな50代からの肌の衰えを感じ始めた時期にぜひ取り入れてもらいたいのが、あきゅらいずのスキンケアシリーズです。

私たちはどうしても有名な美容成分にばかり目が行きがちで、プラセンタ、ヒアルロン酸などと書かれていると効果がありそうに感じてしまいます。

しかし本当の美しさは与えられるものではなく、自分の肌の内側から引き出すものだと言うことをあなたはご存知でしょうか。

私たちが本来持つ自分の中にあるありのままの美しさに気づいて、肌も心も体も美しく生きる。
それがあきゅらいずの大きなコンセプトとなっています。

あきゅらいずの代表的なスキンケアアイテムの中に、化粧水、乳液、美容液が1本になった多機能クリーム「秀くりーむ」があります。

このようなオールインワンアイテムは年齢を重ねた肌には厳しいものがあると思われがちですが、あきゅらいずは年齢を重ねた肌にこそ実感してほしい多機能クリームとなっています。

あきゅらいずのスキンケアに欠かせない成分が草根木皮たまりです。

中国に現存する様々な保湿成分を秘めていると言われる東洋ハーブを集め、互いの力を引き出しながら日本人の肌質に適した配合を追求して生まれたのが、草根木皮たまりです。

さらに肌に最大限負担をかけないため、水抽出法と言う抽出のための薬剤を使わないこだわりの製法で10種類の同様ハーブをじっくり丁寧に抽出しています。

両手いっぱいのハーブから抽出できるエキスはわずかスプーン1杯です。

肌に優しい成分だけを濃縮して作られているため、肌に刺激や負担を一切与えることなく、本来持つ肌力を引き出すことができます。

もしも今50代に突入したあなたが、若い頃にはなかった肌悩みをたくさん抱えているとするなら、それは本来持つ肌の美しさを引き出せていないだけかもしれません。

また、あきゅらいずの秀くりーむには、草根木皮たまりのほか、セラミドやコラーゲンなどが保湿をしっかりとサポートしてくれるので、みずみずしいジェルのような質感でしっかりと肌を潤わせてくれます。

べたつくことなくさらりとした使用感のため、朝のお化粧前でも問題なく使うことができる数少ないスキンケアの1つです。
あきゅらいずの口コミと効果は本当?

50代の今の肌に限界を感じ始めたら、ぜひあなたの本来の力を引き出すあきゅらいずを取り入れてみてください。
公式サイト↓


u