洗い過ぎると老け顔に!若返る5つの洗顔対策です。

いつまでも美肌でいたいと誰しもが思っていることでしょう。

その為には、やはり洗顔を一生懸命にしているという人も多いと思います。

しかし、洗浄力の高い洗顔料を毎日使用するなどを続けると、肌は乾燥し、シワやたるみの加速化を促進させてしまうことになります。

では、どのような洗顔料で、どのような洗顔を行うと良いのでしょうか。

1つ目は、合成界面活性剤入りの洗顔料は使用しないことです。

合成界面活性剤は、洗浄力が高いので、一見よくみられがちかもしませんが、肌のバリア機能を破壊する危険性があります。

反対に合成界面活性剤の入っている洗顔料の使用を控えると、乾燥緩和に効果を感じることでしょう。

合成界面活性剤は、洗顔料以外にも化粧品やシャンプー、ボディソープなど多くのものに含まれています。

洗浄力の高さから使用してしまう気持ちもあるとは思いますが、これらの使用は控えた方が良いでしょう。

2つ目は、乾燥が気になる時は洗顔料を使用しなくて良いということです。

洗顔時、毎日必ず洗顔料を使う必要はありません。

肌の乾燥が気になる時は、洗顔料を使用しなくて良いのです。

この時は、ぬるま湯で丁寧に洗顔をしたり、顔が乾いた状態の時に、乳液や馬油をのせて、軽くティッシュオフしてから、ぬるま湯で洗い流す洗顔法に切り替えてみても良いですね。

3つ目は、泡で洗うことです。

洗顔料を使う時は、しっかり泡立てて、その泡を濡らした顔に優しく乗せて洗いましょう。

力を入れることのないように、優しい洗うことがポイントです。

4つ目は、洗顔料を顔に長時間のせないことです。

泡で洗顔をすることは基本ですが、その泡を顔に長時間のせておくのは止めましょう。

濡れた肌はデリケートですし、洗顔料を長時間顔にのせておくことは負担になります。

汚れを落としたら、素早く洗い流すようにしてください。

5つ目は、洗顔時、顔をすすぐ時は体温より低めの温度のものですすぐです。

洗顔時に、顔をすすぐ時は、ぬるま湯を使用している人は多いかもしれませんが、この時のぬるま湯とは、体温より少し低い34〜35度程度のものにしましょう。

また、すすぐ時も、優しく丁寧に、決して力を入れてこすることなどしないようにしてください。

色々な化粧品を使ってエイジングケアをするのも良いですが、まずは身体(肌)にもともと備わっている機能や力を発揮させられる状態を作ることが大切ということですね。

◆最後に、では、実際に洗顔料は、何を使うといいの?というと・・
無添加で保湿効果もある洗顔料を使うと良いです。
くすみ専用洗顔石けんの二十年ほいっぷで美白体験
いろいろありますが、口コミでも一番人気で、私も気に入っているのがくすみも消して潤う「二十年ほいっぷ」です。

泡立ちもよく、翌朝には明るい肌になる!と評価も高いです。
二十年ほいっぷが若返る顔に導いてくれますよ。

公式サイト↓
くすみをなくす『二十年ほいっぷ』
20nenhoipuaxis