三森はるひ三森はるひ

うふ肌ピーリングジェルで美白ケアと角質ケアで年齢肌にも効果という噂に嘘はないのか調べてみましたよ。

うふ肌薬用ホワイトクリアジェルとも言いますよ。医薬部外品です。

角質ケアと美白ケアが同時にたった1本でできるということで、今話題になっているうふ肌ピーリングですが、ピーリングしながら美白ってどういうことなのでしょうか。

また、年齢肌ケアにも良い成分が含まれているという噂がありますが、その成分とはどんな成分なのでしょうか。

うふ肌ピーリングジェルのおすすめポイントや年齢肌ケアができる理由についてまとめていきたいと思います。

先に公式サイトをチェックしたい人はこちらをどうぞ
詳しくは→うふ肌公式サイト

うふ肌ピーリングジェルとは?一番の特徴は何?

美容に敏感な女性の間で今人気のコスメ、うふ肌ピーリングジェルの一番の特徴は、やはり美白ケアもできるピーリングジェルだということです。

ピーリングジェルというからには、普通は角質ケアしかできないものが多いんですよね。

でも、うふ肌は、角質ケアと美白ケアが同時にできてしまうので、忙しい現座大女性にぴったりの美容グッズなのです。

では、他のピーリングジェルには入っていない美白成分とは一体何なのでしょうか。

それは、プラセンタです。

年齢肌が気になる方がよく使っている美容成分ですよね。

塗るタイプの化粧品だけでなく、飲むタイプのサプリでも人気のプラセンタ、これが角質ケアをしつつ、お肌の黒ずみをケアし、ツルスベで透明感のある肌へと導いてくれるのですね。

角質ケアだけでなく美白ケアもできるって本当?

うふ肌の一番の特徴として、すでにご紹介済みではあるのですが、もちろん、角質ケアだけではなく、美白ケアもできてしまいます。

それがうふ肌が他のピーリングジェルと違うところです。

うふ肌は、ピーリング効果のある成分だけでなく、美白で有名なプラセンタ配合ですし、肌荒れやニキビを防ぐアラントインも配合しているので、総合的に美白へと導いてくれますよ。

プラセンタがなぜ美白に良いか、というのはもうみなさんもよくご存知だと思うのですが、軽くご紹介しておきましょう。

プラセンタは、胎盤に含まれる成分で、お肌細胞の再生を促す因子が豊富にふくまれています。だからターンオーバーを促進し、シミの元となるメラニンが沈着するのを防いでくれるんですよね。

角質ケアだけだと、綺麗になった毛穴や皮膚表面にまた汚れが溜まってしまいますが、アラントインやプラセンタのサポートで、綺麗をキープすることができそうですね。

うふ肌の効果は、くすんだ年齢肌でも実感可能?

角質ケアと同時に美白ケアまでできるうふ肌は、もちろん年齢を重ねるとともにくすみが気になり出した方へのくすみ肌対策にもお勧めですよ。

その理由は、なんども繰り返しになりますが、うふ肌にはプラセンタが配合されているからです。

プラセンタは、シミやくすみの元となるメラニンの生成を抑えて、お肌の透明感をアップさせるサポートをしてくれるからです。

ピンポイントでこの場所のシミをなんとかする!というのではなく、お肌全体のトーンアップに期待できる、そんな位置づけになるのがプラセンタなので、くすみが気になる方には特におすすめめしたいですね。

口コミはいかが?効かない時はどうする?

うふ肌は人気ですが、良い口コミもあれば悪い口コミもあります。

そこで公平に両方の口コミを調べたのでご紹介しますね。

<良い口コミ>

(40代女性)
若い頃から気になっていた小鼻のポツポツ。諦めていたけれど、うふ肌を使ってみたらお肌がプルプルになりました。

根気強く使ううちに小鼻にも効果がありそうで期待しています。

(30代女性)

昔、ピーリングジェルを使ったら乾燥が酷くて大変だったので、ピーリングが苦手だったのですが、美白もできるということでうふ肌を試してみました。

そしたら、乾燥もなく目立っていた毛穴も小さくなり、とってもよかったです。

<悪い口コミ>

(30代女性)

うふ肌を使ってみたらニキビが悪化してしまいました。

(30代女性)

初めてピーリングジェルを使ったので使い方がよくわからず、使用を続けていたら肌がピリピリしてきました。

参考元:うふ肌の口コミ効果やコスパを評価!美白ピーリングジェルの噂は本当?
【著作権上の問題により、口コミは意味を変えず書き直しさせて頂いています】

このように、良い口コミもありますが、やはり使用方法に問題があって悪い評価になっている方もおられますね。

まず、お一人目は、ピーリングは毎日するものではないという基本的なお手入れを知らずに使ってしまい、肌を傷めてしまっているのですね。

うふ肌は週2~3回の使用が基本です。

それ以上使うと肌を傷めてしまうので注意しましょう。

もう一人の方は、ニキビが落ち着いていないのに肌に負担がかかりやすいピーリングジェルをお使いだったせいでしょう。

まずはニキビ治療をして、肌が落ち着いてから、うふ肌を使うようにしたら良いですね。

全成分や材料をチェック!プラセンタ配合なの?

話題のうふ肌ピーリングジェルですが、どんな成分が配合されているのでしょうか。

うふ肌の全成分を調べてみました。

<うふ肌ピーリングジェルの全成分>
アラントイン、ブタプラセンタエキス−1、精製水、濃グリセリン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、塩化ジココイルジメチルアンモニウム、臭化ステアリルトリメチルアンモニウム、ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン、ジプロピレングリコール、1.3-ブチレングリコール、アルピニアカツマダイ種子エキス、プルーン酵素分解物、チンピエキス、サクラ葉エキス、コメヌカエキス、海藻エキス、エタノール

以上です。

天然由来の成分が多くて安心ですよね。

そして、うふ肌でやっぱり注目したいのはプラセンタですね。

人の肌細胞となじみが良いとされるブタ由来のプラセンタを使っているのも特徴です。

シミや沈着の元となるメラニンの合成を抑制してくれたり肌のターンオーバーを促してくれるので、ピーリングでツルスベになった後のケアにおすすめの成分です。
詳しくは→うふ肌公式サイト

副作用や他のスキンケアとの相互作用はある?

うふ肌は、敏感肌の方でも使える無添加処方で安心できる成分ばかり配合されています。

そして化粧品ですから薬のように副作用などの心配は要りません。

でも、どうしても肌質に合わない、ピリピリしてしまう、というような方はおられます。

これはどんな化粧品でも言えることですよね。

うふ肌を使っていてピリピリしたり、かぶれたりかゆみが出たり、赤くなったりする場合はすぐに使用を中止してください。

うふ肌は、相互作用などもありませんが、これまで化粧品でかぶれた経験を一度でもお持ちなら、パッチテストをしてから顔に使われると安心でしょう。

うふ肌のメリットやデメリットは?

うふ肌のメリットは、やっぱり、角質ケアだけでなく同時に美白もできること、これにつきますよね。

それにうふ肌は、お得な初回お試しキャンペーンや、肌に合わない場合の全額返金保証制度なども充実しており、気軽に試せるところですね。

またうふ肌は、毎日お手入れする必要はなく、週2~3回で良いのも楽で嬉しいです。

逆にうふ肌のデメリットは、定期購入するとお得にリーズナブルに続けられる反面、送料が無料ではないということ。

基本的にはうふ肌は、敏感肌の方でも使えますが、どうしても肌に合わないという方もいるということ、2ヶ月くらいは継続しないとお悩み解消の実感が湧きづらいということがデメリットと言えます。

どんなものでも、メリットもあればデメリットもあります。

ご自分が試してみたい、気になるというのであれば、うふ肌は返金保証制度も充実しているので、思い切ってうふ肌を使ってみてはいかがでしょうか。

詳しくは→うふ肌公式サイト

効果的な使い方や実感できる継続期間は?

うふ肌は角質ケアと美白ケアを同時にかなえるコスメです。

でも、どちらのお悩みも使ってすぐ実感というのは難しいですよね。

なぜかというと、お肌の生まれ変わりには時間がかかるからです。

10代、20代の方で約28日かかります。

年齢を重ねるとターンオーバーのサイクルは長くなり、40代だと40日以上かかると言われています。

だから、最低でも2ヶ月くらいは継続してうふ肌を使ってみないと、自分にあっている化粧品なのか、自分の期待した結果は出ているのか、という判断をするのは難しいです。

化粧品を1本使ってすぐに全然ダメだった!と言い切ってしまわず、根気強くケアしていくと、思っていたような結果につながる可能性が高いので、次々と新しいコスメに手を出さずに、2ヶ月くらいは使って見ることも大切ですね。

妊娠中・授乳中・生理中でも使って大丈夫?

妊娠中や、授乳中、生理中はうふ肌を使っても大丈夫なのでしょうか。

基本的には、薬などではなく、ただの化粧品なので、妊娠の有無にかかわらず、うふ肌をお使いいただくことは可能です。

でも、妊娠されたことのある方ならよくご存知かもしれませんが、妊娠すると、ホルモンバランス変化の影響で、これまで使っていた化粧品なのに、かゆみが出たり、赤みが出たりするというようなこともあります。

このように明らかに体質がわかったかもしれないという場合には、腕や太ももの内側を使ってパッチテストをしてから顔などデリケートな部分にお使いただくうようにすると安心ですよ。

授乳中や生理中もホルモンバランスが乱れている時なので、過度な使い方にはならないようにだけ注意すれば、授乳中、生理中にかかわらず使用することができますよ。

参考元:https://syuhutati.com/ufuhada.html

うふ肌は、男性も使って良い?

うふ肌は、女性がターゲットのコスメのようなイメージですが、もちろん男性もお使いいただけます。

男性は普段スキンケアをしていない方が多いので、古い角質がたまり、お肌がごわついていたり、シミやそばかすもできやすいですよね。

そんなときこそ、うふ肌ピーリングでケアしてあげましょう。

男性も普段ケアをしていないなら、角質がポロポロ出て、卵のようなツルスベ肌に、うふ肌でなれるかもしれませんよ。

アトピーやニキビなど敏感肌な肌でも使用可能?

うふ肌は角質ケアをしたい方にぴったりのピーリングジェルです。

ところで、ピーリングというと、肌にある程度刺激があるので、敏感肌の方は注意が必要ですよね。

古い角質を綺麗にしてあげたほうが良いのに、ピーリング自体が刺激となり、肌に負担がかかってしまってなかなかできない、というジレンマがアトピーや敏感肌の方にはあります。

でも、うふ肌はこれまで諦めていたアトピーや敏感肌の方にも使いやすいピーリングジェルなので、ぜひトライして見てほしいコスメなんですよ。

ではなぜアトピーや敏感肌でも使いやすいのか、というと、うふ肌ピーリングジェルは、アトピーや敏感肌の方が苦手とする合成着色料、パラベン、石油系界面活性剤、鉱物油、紫外線吸収剤の5つの添加物を除去して作られているからです。

また、アトピーや敏感肌の方は肌のバリア機能が低下しがちなので、ターンオーバーが乱れがちです。

そこにうふ肌の、肌の角質を柔らかくし、美容成分を浸透しやすくしてくれるアラントインや、ターンオーバーを促進してくれるプラセンタが浸透していくことで、ターンオーバーを促進し、乱れがちな肌機能を整えることができるからですね。

うふ肌はドラッグストア(薬局)でも売っている?

人気のうふ肌ですが、ドラッグストアでも購入できるのでしょうか。

そこで、近所の薬局、ドラッグストアをのぞいて見ましたが、うふ肌を取り扱っているお店はありませんでした。

インターネットで取り扱いを調べて見ましたが、やはり実店舗では売っていませんので、通販で購入するしか、今のところなさそうですね。

ちなみに公式サイトなら、初回購入者限定の特別キャンペーンをやっているので、お得ですし、一度公式サイトを見にいってみることをお勧めします。
詳しくは→うふ肌公式サイト

楽天・アマゾンでも販売?通販でのコスパや最安値はどこ?

これ一本あれば肌トラブル解決をサポートできると人気のうふ肌ですが、実店舗では購入が難しそうですよね。

では大手通販サイトでは購入できるのでしょうか。

通販といえば楽天やアマゾンですよね。

そこで検索をかけて見たところ、楽天でもアマゾンでもうふ肌ピーリングジェルの取り扱いはありませんでした。

やはり通販といっても、現状は公式サイトのみでの購入となっているようです。

ただ、うふ肌の公式サイトなら初回だけお試し価格で購入できるキャンペーンがありますし、もしも商品を試して見て合わない場合は全額返金保証をしてくれる制度があります。

しかも、通常クーリングオフとかなら返金に応じてくれる日数は8日までですが、うふ肌の場合は1ヶ月も返金保証してくれています。

だから1本使い切っていても肌に合わなかったり、効果が感じられなかったりする場合は返金してくれるんです。

これなら、うふ肌を初めて使う方でもとっても安心して試すこともできますよね。

もしうふ肌を気に入って使い続ける場合はもちろん送料無料なので、またまた継続する人にも優しいメーカーさんですよね。

うふ肌と他のピーリングジェルとの違いとまとめ

ピーリングジェルというと、ポロポロと古い角質を落としていくことでお肌をつるすべにしていくものだという印象が強いですが、うふ肌ピーリングジェルが他のピーリングジェルと違うのは、やっぱり角質ケアだけでなく、美白ケアもうふ肌1本でできてしまうことでしょう。

角質ケアをすると、一時的に毛穴が綺麗になって、つるすべ肌になりますが、どうしてもその後のケアを怠ると、綺麗になった毛穴にまた汚れが溜まっていってしまいますよね。

でもうふ肌なら、綺麗になった毛穴をうふ肌に配合されているアラントインが肌の引き締めをサポートして、そして美白ケア成分できっちり黒ずみが残らないようにケアをすることができるから、おすすめなんですよね。

ピーリングだけだと肌に負担がかかってしまうことが多い中、今人気のあるコスメで、整肌効果があって美白も兼ねているコスメはうふ肌くらいではないでしょうか。

うふ肌で毛穴の黒ずみやくすみも解決の美白ケアと角質ケアで年齢肌から解放されたいですね。

ちょっとでも、うふ肌が気になる方は、ぜひ公式サイトを覗いてみてくださいね!
詳しくは→うふ肌公式サイト
うふ肌