ビタブリッドCフェイスは紫外線や光の影響はないの?

美肌成分の代表格ともいえるビタミンCですが、この成分はとても繊細で空気に触れるだけで壊れてしまい、その美肌効果も失われてしまいます。

そのため、一般的なビタミンC配合化粧品に使われているのは、ビタミンCの代替成分であるビタミンC誘導体というものになっています。

簡単に言うと、ピュアなビタミンCではなく偽物のビタミンCということです。

もちろん、ビタミンC誘導体も肌のコラーゲン生成を助け、メラニン生成を抑制し、美白効果を期待できるというビタミンCと同じような働きをしてくれますが、やはり本物のビタミンCにはかないません。

そうなると、どうしても本物のビタミンCの実力を体感してみたくなりますよね。

そんな方の間で人気の商品が「ビタブリッドCフェイス」です。

ビタブリッドCフェイスは、世界の特許技術を持って開発された商品で、ビタミンCを壊すことなく肌へ直接送り込むことができるという画期的なものです。

本物のビタミンC成分が肌の奥の角質層までしっかりと浸透するように作られていますので、美肌効果への期待はますます高まるばかりです。

ビタブリッドCフェイスがシミ・シワ改善に効果的と口コミで話題になっているのは、ビタミンC誘導体と本物のビタミンCとの違いによるものだったんですね。

ところで、ビタミンC と言えば紫外線による光毒症があるから昼間は使わない方がいいのでは、と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

ひと昔前に、美白パックとしてレモンやきゅうりパックなどが注目されていた時期もありましたが、後に、それらで朝パックをするとかえってシミになったり肌トラブルを引き起こすということが知られるようになり、ビタミンCによるケアは夜のみ、という概念が広まりました。

確かに、レモンやきゅうりなどによるパックや、柑橘系の精油などを使ったスキンケアアイテムに関しては、朝の使用は避けたほうがいいです。

ただし、避ける理由はビタミンCではなくソラレンという成分が原因だからです。

レモンやきゅうりなどのパックはビタミンC補給のパックという認識のため、レモン(きゅうり)パックによるシミはビタミンCの仕業と考えられてしまっていたんですね。

ビタブリッドCフェイスはソラレンを含まないピュアなビタミンCです。

つまり、朝使用したからといってシミになることはなく、紫外線などの光を恐れることは不要というわけです。

ビタブリッドCフェイスは 一度の使用で効果が12時間持続しますので、朝晩の使用で24時間効果が持続します。
チェ・ジンホ教授発明のビタミンCが肌に吸収されやすいのはなぜ?

紫外線などの光の心配も不要で24時間ビタミンC効果を肌に補給できるビタブリッドCフェイスは、美肌を追求する方にとてもオススメです。

⇩⇩お得なキャンペーン中の公式サイトはこちら

話題のビタミンC12時間パック