ウルウ(ULU)は効かないという噂は真実?効果を出すことは可能なの?

赤ら顔でお悩みの方にウルウは、とても人気の高い商品です。

オールインワンなので、手軽に赤ら顔のお手入れができて、また赤ら顔の悩みを解消してくれると話題になっています。

しかし、口コミを見ると、中にはウルウが本当に良いのか?また、使い方のコツはあるの?という内容のものなど、様々な声があります。

私も赤ら顔で悩むひとりとして、ウルウのことが気になっているので、詳しく探りしたいと思います。

すると、2つのことがわかりました。

ポイント1つ目「優しく使う」ことです。

ウルウは、赤ら顔を改善する成分が特殊技術でお肌に浸透しやすく作られています。

とても魅力的な商品ですし、それらの成分をしっかりお肌に届けるために使い方も正しく使いたいところです。

ウルウを朝晩使うと思いますが、ウルウを使う前に洗顔をされていますよね。

この洗顔が、まず大切なステップになります。

赤ら顔の人の肌は、通常の人の肌よりバリア機能が低下しているので、外からの刺激に強く反応してしまいます。

つまり洗顔やスキンケアによる摩擦にも反応してしまうわけです。

洗顔は、優しく行うことが大切です。

ついゴシゴシ洗っている方は要注意です。

これを続けていると、ウルウをせっかく取り入れても赤ら顔を促進させてしまっているかもしれません。

次に、ウルウを顔に浸透させていきますが、このときも「こする」のではなく「優しく馴染ませる」イメージで、少量ずつ優しく馴染ませていきましょう。

1回分を一気に馴染ませるのではなく、1回分を少量ずつ何回かに分けて馴染ませる方が良いですよ。

ポイント2つ目は「まず1か月」継続することです。

ウルウを使い始めて、早い方は1~2週間で赤ら顔が改善されると聞きますが、全ての方がこの短期間で改善を実感できるわけではありません。

肌は常に新しい細胞が作られ生まれ変わっています。

肌のターンオーバーは28日前後と言われています。

このターンオーバーの日数も個人差があり、年齢や肌状態により、もう少し長くかかる人もいます。

肌の機能が低下していると、肌サイクルが乱れて28日以上かかることも十分あります。

ですから、ウルウを使い始めてすぐに肌に変化を実感できなくても、焦らずじっくりまずは1カ月程度を目安にお手入れを続けてみてください。

繰り返しになりますが、肌のターンオーバーは、全ての人が28日周期ではありませんし、もっとかかる人もいます。

ですから、1か月は目安であり、もっとかかることもあるので、あまり日数にこだわらずじっくりと続けて、ウルウに配合されているセラミドをしっかりとお肌に補給してあげてください。
ウルウの口コミと赤ら顔ケアは本当?

ウルウを焦らずじっくり正しく使って赤ら顔を解消してくださいね。

公式サイト↓

rU