APP-CフラセラムとビタブリッドCフェイスの違い比較とどちらを選ぶと良い?

ビタミンCは、お肌に良いことは有名ですよね。

お肌のために果物を積極的に食べているという方も多いかもしれませんね。

またビタミンCが配合されているスキンケアアイテムを取り入れているという方も多いかもしれませんね。

しかし食べ物でビタミンCを摂っても、お肌に影響があるのは、わずか数パーセントです。

ゼロではないと思うので、もちろん食べて体の中からのケアをすることは大切ですし、体の外側からのケアも大切なので、食べ物とスキンケア商品で体の内側と外側からの両方からケアをすることは大切ということですね。

さて、ビタミンCが配合されている化粧品は多くあると思いますが、その中で高いリピート率を誇る「APP-Cフラセラム」と「ビタブリッドCフェイス」とは、どのような商品なのでしょうか。

リピート率が高いということは、それだけ効果が高いということだと思いますが、詳しいことがわからないので、それぞれ調べてみました。

まず、APP-Cフラセラムは、広尾プライム皮膚科と共同開発されたドクターズコスメとなっており、進化したビタミンC誘導体APPSとノーベル賞を受賞した成分であるフラーレンが同時に配合されている商品です。

美白やエイジングケア効果が実感しやすい仕上がりになっています。

使い方ですが、化粧水をつける前にプレ美容液として高い人気があります。
ドクターソワのAPP-Cフラセラムの口コミ効果!他のビタミンC美容液との違いは?
続いて、ビタブリッドCフェイスは、手持ちの(普段使われている)化粧水に溶かして使うことができるハイブリッドパウダーです。

そのまま使うものではなく、化粧水などに溶かして使うものです。

このハイブリッドビタミンCパウダーは、特許出願されている成分です。

生のビタミンCは、これまで化粧品に配合することは難しいと言われてきましたが、ビタブリッドCフェイスは、それを可能にしました。

生のビタミンCの効果をダイレクトに肌に届けることを可能にした商品で、しかも1回のケアで12時間効果が持続すると言われており、とても優秀な商品と言えます。

1回のケアで効果が12時間持続するので、朝と晩の1日2回のケアで24時間ビタミンCの効果をお肌に届けることが可能と言えます。

実際に使った私の知人は、明らかにくすみやシミが薄くなったことを実感したという話を聞きました。
チェ・ジンホ教授発明のビタミンCが肌に吸収されやすいのはなぜ?

どちらの商品も、とても優秀でオススメです。

例えば肌の乾燥が気になる方や敏感肌の方は、APP-Cフラセラムをどうぞ。
APP-Cフラセラム公式サイト↓
APP-Cフラセラム

一方、生のビタミンCの効果を実感されたい方は、ビタブリッドCフェイスを使われてみてはいかがでしょうか。
ビタブリッドCフェイス公式サイト↓
公式サイト↓


話題のビタミンC12時間パック

us